不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
 

 不妊治療と食事(栄養)の問題を切り離すことはできないでしょう。現在、不妊体質改善中の方や、病院で治療中の方の中には、誤った栄養知識や思い違いのもとに食生活を続けている人をみかけます。

身体に良いからと、高蛋白、高カロリーの物を沢山取り過ぎてしまう事は、消化の為に余分なエネルギーを使い過ぎてしまい、結果として必要以上に消化器に負担をかけているのです。

今、貴女の身体で必要な事は生殖器への血行を良くする事です。
良い卵を排卵するには貴女自身の生殖能力をたかめることです。日頃の食生活を注意する事で、皆さんにできる事を考えて見ましょう。

ここに一つの興味ある報告があります。マウスを使った実験結果ですが、二組のマウスを別々の飼育ケースに入れて、片方の組はいつでも好きなときに、好きなだけ自由に餌が食べられるようにしてあり、もう一つの組は決められた時間に少量の餌を与えて、常にやや空腹状体です。

これをある一定期間続けた結果の二組の妊娠、出産率を観察したところ明らかな差が出てしまいました。以外にも餌の少ない空腹の組のマウスの妊娠回数と、一回の出産数が多かったのです。

この結果より幾つかの貴重な事実を得る事ができたのです。空腹状態のときは、本来持っている生命力が活発になり、「子孫を残す」という力、つまり妊娠のスイッチが「ON」になるのです。満腹状態は肥満を招くだけでなく不妊体質に拍車をかけているようなものです。

動物園では決められた時間に豊富な餌を与えられています。動物たちの中には、出産率の低下や、子育て放棄も増えているようです。つまり本能の欠如ですね。これらの事実より推察すれば、現在の栄養学も少し見直す点があるかもしれません。動物と人間をストレートに結びつけるのは早計かもしれませんが、一つの重要なヒントを与えてくれていませんか。

毎日の食生活に注意して、排卵期での折角のチャンスを逃さないようにしたいものです。「昔から腹八分目に医者いらず。」という諺もありますから、一種の飢餓状態も時には本能を目覚めさせるのに役立つようですね。

このことは女性だけでなく、男性にも当てはまることですから、ここ最近、男性不妊が急速に増えているのも肯けるようです。日頃の食生活をご夫婦で見直す良いチャンスかもしれません。

 

 

ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針