不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
 

  足湯は冬の冷え対策によいのは勿論ですが、本当は夏でも冬でも季節に関係なく気軽にできる体質改善法です。(夏の冷房で冷えてしまった身体を元に戻す為にも)


  足湯をすることで身体の冷えを取り除き、血行を良くして病気の治療と、予防に役立てましょう。足湯は、東洋医学の言葉で上虚下実と言って、下半身を充実安定させることで、上半身の働きを良くして、頭脳をすっきり目覚めさせます。 昔からよく言うことわざで、頭寒足熱とはこの事です。 しかし、最近の人達のなかには、頭熱足寒の逆流現象が、起きてしまっている人が多いようです。 頭が充血して、顔がポッポとほてって熱っぽい、頭重感でボーとしている。 やる気がなく、下半身が冷えて重だるい。 等の症状を訴える人が多いようです。 このような状態が長く続くと、自律神経の乱れを生じ慢性病になりやすいのです。 このような症状を、改善するために。
 

足湯の具体的な方法は、

 浴室で行うのがベストですが、居間でテレビを見ながら行ってもかまいません。 イスに腰かけて、両足が入る大きめの、 ポリバケツを用意しましょう。 服は着たままで両足を出してお湯につけます。くるぶしの 上ふくらはぎまで、お湯に浸かるぐらいが適当です。 お湯の温度は、やや熱めで43度-45度程です。熱いのを少し我慢して浸かっている程度です。両足を浸けて、できれば両手も一緒に入れると、更に良いでしょう。お湯の温度がぬるくなってきたら、取り替えるか、継ぎ足して熱くしましょう。

からだ全体が温まり、特に、背中が少し汗ばむくらいがベストでしょう。お湯に浸かった足が、ピンク色になっていればよいでしょう。  30分―40分程です。最後にタオルで、よく水分を拭き取ること。 そして汗が出たあとは、温かい飲み物で水分を、補給しておきましよう。 (お時間がなければ15分でもお奨めです。)

黒酢足湯とは

 黒酢をビニール袋に入れ20倍に薄め両足をいれる。(ビニール袋全体をお湯の入っているポリバケツにいれる。)
お湯だけよりも更に素晴らしい効果があります。(たくみ堂院長は最近この黒酢足湯にはまっており毎日やっています。気持ちよくてやめられないです。)

では、足湯で身体にはどのような効果が現れるのでしょうか?

 足の末端の毛細血管が、拡張 して温まった血液が全身へ還るのでからだ全体が温まる。

 副交感神経がよく働き、自律神経の調整になる。

 足の末端に溜まっている老廃物が、排出される。

 風邪の治療と、予防になる。(汗をかくことで、ひき始めの風邪には、特に良い。)

 不妊体質の改善には、特におすすめです。

 根気よく続ける事で頑固な冷え症も確実に改善できます。是非お試しを。

 

ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針