不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
健康情報14
 

古来より伝わる呼吸法と按腹術でお腹の血行を改善しましょう。この方法は、呼吸法と按摩術の両方の良いところを併せてお腹を軟らかく改善いたします。

  • 仰向けにリラックスして寝ます。(正座または、イスでもよい。電車の中でもできる。)
  • 両手をお腹の上に置きます。
  • ゆっくりと腹式呼吸。
  • 鼻から息をゆっくりとたっぷり吸い込みます。
  • このとき出来るだけお腹を大きく膨らます、これ以上大きく出来ないほど膨らます事。
  • 一杯に吸い込んでお腹を大きくしたら3秒間止める。(イチ、ニイ、サンと数える)
  • ゆっくりと口から吐きながら、お腹はできるだけぺちゃんこに凹まして小さくする。
  • 口を小さく細めて糸のように細い息をゆっくり吐く。これ以上吐けないほど全部吐き出す。
  • お腹をぺちゃんこに凹ましてしまう。最高にぺちゃんこに吐き出したら3秒間息を止める。
  • 吸って吐くこれを一回として10分から15分間繰り返しおこなう。
  • 次に両手の平でお腹全体をゆっくり按腹する。(マッサージ)おへそを中心として時計回りに36回おこなう。
  • 次に反時計周りに36回ゆっくり按腹(マッサージ)する。
  • 気持ち良さを味わいながらお腹全体をまんべんなく行いましょう。
  • 痛いところ、気持悪いところは弱めにする。(痛いが気持良さ、心地良さが在れば良い。)
  • けっして強く押し過ぎない事。
  • 生理中や、高温期の時でも大丈夫ですが、気にする方は休んでもかまいません。
  • 終わったあと気持ち良くなる事が条件です。
  • 生殖器の働きが強化され、子宮や卵巣が目覚め、消化器を含む内臓全体の働きが活発になる。
    (この方法は身体全体に新鮮な酸素と栄養分を含んだ血液を巡らせ、自律神経を安定させ、内臓を強化する。)
ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針
不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂