不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!

 夏風邪と夏バテ対策

 夏風邪をひいてしまう方が増えています。夏風邪の症状はハッキリと出るタイプと内に,こもってしまうタイプがあります、その症状は。

  身体がだるい、頭痛、発熱、喉の痛み、身体の節々の痛み、腹痛、下痢、嘔吐、などが主な症状です。冬の風とは少し原因が違いますのでその対策も違ってきます。

 原因を考えて見ましょう。 最近はどこでも空調設備が整っているお陰で、反面身体が冷えきっており、(昼は職場で冷えて、夜は家庭のエアコンで冷えてしまう。)夏は汗を出す季節なのに殆ど汗を出さずに過ごしてしまうことになります。飲み物も冷えた飲み物を摂り過ぎることが多いです。

 このような状態のまま、夜間エアコンを入れて、あるいは窓を開けて寝ることが多く(お腹を冷やす。)夏風邪をひく結果になってしまいます。
つまり夏風邪の原因は冷えにより、胃腸系の働きが鈍り、食欲不振から体力が落ち、免疫力の低下、自律神経の乱れにより夏風邪をひいてしまう結果になるのです。

 対策
 対策はまず冷えを身体に入れないことが一番です。基本的なことですが、衣類の調節、冷たいものを飲まない、冷房を入れ過ぎないなどで対策し、もしひいてしまった時は。

 まず、胃腸系の疲れを取るために、こんにゃく温湿布で(こんにゃくを茹でてタオルで二重に包み。)おへその回りを暖める。温かいお粥で身体の内から温める。
喉が痛い時は喉も暖める。背骨を中心に首の後ろから腰までを温湿布する。シャワーは止めて湯船に浸かること。足湯をして汗を出す、夜更かしはやめて、早寝をして睡眠時間をタップリ取る。

 以上の事に注意すれば間もなく回復するでしょう。夏はある程度汗を出すべきなのです。身体に季節感を与える事が大切です。出すべき汗を出さないと自律神経が乱れてしまいます。早めの体調管理で快適な夏を過ごしましょう。

 夏は砂浴もお奨めいたします。 

 

 

ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針