不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
妊娠レポート7 (NO70)
横浜市 31歳 鍼灸治療5ヶ月間   2012.1,22報告

 たくみ堂の院長先生、奥様、スタッフの皆様いつもお世話になっております。
この度、自分が妊娠レポートを書くことができること、本当に嬉しく思います。
このレポートが、少しでもべビ待ちをされている方のお役に立てれば幸いです。

私の妊娠レポート

【妊娠までの経緯】

2007年 27歳  結婚

2009年 30歳  不妊クリニックにて不妊治療開始(高プロラクチンのため、週1回カバサール服用)

2009年 30歳  1度目の人工授精にて妊娠に至るも、心拍確認後10週に流産

2010年 30歳  3度目の人工授精で、子宮外妊娠

2010年 31歳  卵巣嚢腫のため、腹腔鏡下手術

2011年 31歳  たくみ堂通院開始

2011年 32歳  8度目の人工授精で妊娠、現在妊娠23週



【気をつけたこと】

● 毎日生姜温灸

● おなかのマッサージ(ナチュラル会で教えていただきました)

● こんにゃく温湿布

● 1日1時間ウォーキング(高温期は軽めに)

● 玄米ごはん

● 100回噛み噛み

● 黒酢足湯

● 無調整の豆乳

● 主人はマカ・亜鉛、私はマカ・葉酸のサプリメント
● ザクロジュース


 現在に至るまで、経緯にも書いたように、流産、子宮外妊娠、卵巣のう腫など多くの壁を超えなければいけなかったことは、正直精神的にすごくつらいものでした。
電車や街で見かける妊婦さんがうらやましくてしかたなかったり、友達の妊娠を心から喜べないときもありました。

そんな中たくみ堂さんのHPをみて、神にもすがるおもいで受診しました。
優しい院長先生の「大丈夫、必ず妊娠できますよ。」のお言葉が、どれほど心強かったことか。。。
それからは、いつか私も赤ちゃんがきてくれるんだ!!って信じて、毎日のウォーキングなども前向きに頑張ることができました。
それまで見るのが辛かった〝おなかに赤ちゃんがいます〟の妊婦さんがつけている妊婦マークを、1つ見ると1ポイントと勝手に決めて、何ポイント貯まったら妊娠できる!!考えてみたりとか(笑)

今、お腹のなかから赤ちゃんが元気だよって、毎日元気に蹴ってくれることが幸せでなりません。
これも、たくみ堂の先生をはじめ、スタッフの皆様のおかげだとおもっております。本当にありがとうございます。
これからも、たくさんの方が赤ちゃんを授かれますように願っています。

そして、里帰りするまで、これからもよろしくお願い致します。
 
ページトップへ
 


妊娠レポート7 (NO69)

埼玉県 35歳 鍼灸治療2ヶ月間  2011,4月妊娠   2011,12,28報告

たくみ堂 院長先生、奥様、スタッフの皆様お世話になっております。


私の妊娠レポート

 妊娠レポート 

 たくみ堂院長先生、奥さま、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
おかげさまで妊娠
9カ月半ばを過ぎ、あとひと月ほどで生まれる予定の赤ちゃんを待ちながら、幸せな時を過ごしております。
これから通われる方の参考になればと思い、たくみ堂に通うようになったきっかけや通った
8ヶ月間を振り返ってみようと思います。 

 私は20093月に33歳で結婚したのですが、しばらくは新婚生活を楽しみたいと夫婦とも子作りは考えていませんでした。
34
歳になり、周りの友人の出産ラッシュが続き、のんびりしていた私に友人から将来的に子供がほしいなら、年齢的にもそろそろ真剣に考えたほうがよいと言われて、20107月より子作りを始めました。
(同じくらいの年の友人たちは、なかなか子供ができずに苦労していた方が多かったので。)

 子作りを始めすぐに妊娠したのですが、残念ながら胎芽を確認できずに繋留流産、手術となってしまいました。
手術後生理を2,3回見送った後に、基礎体温を測り、タイミングを試みましたがなかなか妊娠せずに、少し焦りが出てきました。 

 そんな折に、たまたま友人がたくみ堂に通って40歳で自然妊娠→出産をしたという話を聞いて、何もしないよりはチャレンジしてみようと思いたくみ堂に通ってみようと思いました。
友人からは、不妊治療だけではなく体全体の調子が良くなると聞いて、普段から肩こりなどに悩まされることも多かったので、そういった面での期待もありました。

  通うに当たっては、金銭面と時間的な面での家族の協力が必要なため、夫と同居の義母に話したところ、二人とも応援してくれることになりとても心強かったです。 

 すぐにでも通いたいと思った矢先に東日本大震災があり、実際には20114月の中旬より週に一度通う生活が始まりました。

  最初の問診の際に、予想通り体の冷えがあると言われました。ただそんなにひどい冷えではないので、自然妊娠も可能だろうとのことでした。また体重を少し落としたほうがよいと言われました(こちらも予想どおりですが…。)

以下は、たくみ堂で教わって妊娠に向けて取り組んだことです。

・週に一度たくみ堂に通う
・一日二度のしょうが温灸
(しょうが温灸をすると子宮がぽかぽかするのが実感でき気持がよかったです。)

・腹巻、レッグウォーマーをして、足首やお腹を冷やさない。
・玄米ごはんを食べる(家族みんなの便秘が解消されました。)
・牛乳ではなく、豆乳を飲む
・よく噛んで食べる
・野菜・根菜類を多く食べる
・常温、温かいものを飲む
・朝晩のウォーキング(犬の散歩)で体重を減らす 

 これ以外に、私や夫の年齢(44歳)を考慮し、念のため婦人科で異常がないかの検査をするとよいとアドバイスをいただき、婦人科にてヒューナーテスト、抗精子抗体がないか、精液検査を受け、タイミングの指導を受けました。(検査結果は異常なしでした。)

 上記のことに取り組んだ結果、たくみ堂に通って2カ月ほどして妊娠することができました。
今度生理がきたら卵管造影検査をしようと思っていた矢先で、まさかこんなに早くに妊娠できると思わなかったので、本当にびっくりでした。 

  妊娠したことが分かった時は嬉しい半面、また流産するのではという不安がありました。
院長先生に不安な気持ちを話したところ、赤ちゃんの生命力を強くする鍼をしてくれて、朝晩の黒酢の足湯を勧められ、早速取り組みました。
そして、翌週にたくみ堂にいく頃には、妊娠検査薬の反応も濃くなり、妊娠の脈も安定していると言われました。

  妊娠初期から安定期にかけては不安な気持ちのほうが大きかったですが、たくみ堂で治療を受けて、最後に院長先生に診ていただくときに、「うん、よくなった。大丈夫」と言われると、本当に安心した気持になりました。 

妊娠してから取り組んだことは下記のとおりです。
・朝晩一日二回の黒酢の足湯(中期より一日
1度)
・安定期より、安産灸
・逆子予防のお灸
・逆子予防の体操
もちろん、体を冷やさない、栄養に気を付ける、できる範囲で体を動かすなどは続けています。 

 このように取り組んだ結果、妊娠9カ月まで大きなトラブルもなく順調に過ごし、赤ちゃんの誕生を心待ちにしております。

 週に一度片道2時間通うのは大変でしたが、東急池上線や雪が谷大塚ののんびりした雰囲気がとても好きで、また帰りにぶらりといろいろな所に立ち寄るのが、気分転換になりとても楽しく通うことができました。
また、婦人科の外来と違い、院長先生やスタッフの方がとても感じがよく、不安な気持ちをわかってくれているので、おしゃべりが楽しく、リラックスして通うことができたのもよかったです。

  無事出産しましたら、またご報告させていただきます。
本当にありがとうございました。

 
ページトップへ
 



妊娠レポート7 (NO68)
埼玉県 32歳 2010.9月妊娠  2011.12,6報告
 たくみの皆様、いつもお世話になりありがとうございます。
私の妊娠レポート

たくみ堂の皆様、いつもお世話になりありがとうございます。

2011年5月31日に予定より早く、37週3日で出産となりましたが、2700gの元気な男の子が無事に誕生いたしました。

この喜びを感じることができるのも、院長先生をはじめ、奥様、スタッフ皆様のおかげだと感じております。同じように悩む方々のお力に少しでもなれればと思い、妊娠レポートをお送りさせていただきました。

 

私は、たくみ堂の研修生として、結婚する前からお世話になっていました。不妊に悩むご夫婦が多いことも目の当たりにしていましたし、カラダづくりの大切さもたくみ堂で十分に教えていただいていました。それでも、私は正直、健康だという自信はあったので、不妊とは無関係だと思っていました。結婚してすぐに子供を授かって・・・と計画を練っていたほどです。

しかし、結婚して2年が経過しても子供は授からず。その頃から、田舎に帰るたびに、祖父母から「子供はまだか。なにのんびりしているんだ。じーちゃん生きているかわかんないから前祝いを渡しておく」など、祖父母の正直な言葉をストレートに言われると、何も言えなくなり、田舎に帰るのも苦痛になっていました。

結婚して丸二年経ったので不妊検査に行き、私も主人も検査を受けました。特に異常はないといわれました。

たくみ堂で教わっていながら、特に何も気をつけていない自分が恥ずかしくなり、徹底的にカラダづくりをしようと決意しました。そして、心の持ち方も今のままではいけないと反省しました。

 

〔カラダづくり〕                                        

(お腹・足・腰は常に温かい格好をする、冷たいものを飲まない、黒酢足湯をする、びわの葉温灸をする、こんにゃく湿布をする、膣洗浄をする)

もともと暑がりの私は、いつも涼しい格好でいる事が多かったのですが、それは冷えていたから、カラダの熱をあげようとほてっていただけで、常にお腹は冷たくカラダの芯は冷えていたと反省しました。そこで、カラダを暖めるように、黒酢足湯やびわの葉温灸、こんにゃく湿布をしました。しかし、黒酢足湯とびわの葉温灸、こんにゃく湿布どれも毎日は続かず、できる時にはやるように心がけていました。

また、生理が終わるころから排卵までの期間に黒酢で膣洗浄を行ないました。 

〔食生活〕

(玄米食にかえる、よくかむ、黒酢・黒酢カプセルを飲む)

圧力鍋で黒豆を入れて玄米を炊くようにしました。(便秘が解消しました。)

意識してよく噛むようにしました。(でも、どうしても早食いの癖はぬけません・・・)

日常の栄養で足りないところは、黒酢カプセルを摂りました。(体がとても軽やかで、疲れにくくなりました。肌の調子もよいです。)

 

〔心の持ち方〕

・夫婦仲良く

なかなか子供が授からないと、なんとなくイライラして、主人にあたったりすることもありました。どちらが原因なのかとか考えたり・・・でもそれではいけないと思いました。結婚したのだから、どちらが原因とかではない、二人で頑張るしかないのだと。そこで、主人に気持ちよく仕事に行ってもらえるように、元気よく毎日送り出しました。もちろん、お出迎えも笑顔でしました。

・祖先祖様に感謝

私がこうやってこの世に存在するのも、両親があってこそ、その両親もご先祖様があってこそ存在するもの。どこかで、誰か一人でも欠けていたら、今の私はいない。だからこそ、ご先祖様・両親に感謝しなければと思いました。家族だからこそ、甘えがでてわがままを言っていた私ですが、ちょっと大人になって、感謝を伝えるようにしました。先祖のお墓参りも行きました。

・子宝の神社へ

お墓参りに行く途中に子宝の神社を発見しました。そこに行くと、神主様が出てきて、「子供を授かるのにいい方法をお教えいたしましょう。毎月1日、15日、18日、28日は、肉・卵は摂取せず、夫婦喧嘩することなく仲良くしていなさい。」と言われました。理由はわかりませんでしたが、それを聞いて以降、実行するようにしました。

・そして何より、あせらない

「人は人、自分は自分」と思い、焦らないようにしました。とはいっても、焦らないようにしようとすると、どうしても、脳裏に妊娠のことが浮かんできて考えてしまう。

時間があると悩むので、仕事に打ち込みました。

 

このように、カラダと心の両面から変えていきました。すると、3ヶ月して妊娠することができました。赤血球は3ヶ月で入れ替わります。私が考えるに、やるときめてから3ヶ月、血液もきれいになり、体も温かくなり、心も落ち着き、全てが整って妊娠に至ったのだと思います。 

〔妊娠してから〕

妊娠してからは、「子宮頚管が短いので、赤ちゃんが出てきやすい」と病院で言われました。

そこで、骨盤をしめてみようと考え、とこちゃんベルトというものを購入し、骨盤をしめるようにしました。安定期に入ってからは、院長先生にツボをとっていただき、安産灸を毎日続けました。安産灸をすると、お腹の赤ちゃんが元気よく動いていました。 

〔出産してから〕

出産は前置胎盤だったため、どうしても帝王切開になってしまいました。しかし、産後のお腹の傷の治りも早く、体調がよく、助産師さんに驚かれたくらいです。黒酢カプセルが効いたような気がします。

 そして、子供がよく寝ることに驚かれます。おっぱいを元気よく飲んで、あとは5時間くらい寝てくれるので、ほとんど手がかかりません。安産灸のおかげだと実感しております。 

このようにして、かわいい我が子を授かることができました。

たくみ堂の皆様に、カラダも心も健康にするヒントをいただいて、精神的にもサポートしていただき、心から感謝しております。たくみ堂との出会いは、不妊治療だけでなく、人生においてとても大事なことを教わった必要な時間であったと思います。 

皆様が、大きな幸せを感じられるよう、心からお祈り申し上げます。

 

 
ページトップへ
 


妊娠レポート7 (NO67)
東京都 29歳 鍼灸治療18ヶ月間   2011.11,12報告

たくみ堂 院長先生、奥様、スタッフの皆様お世話になっております。
こうして妊娠レポートを書くことができていることに、本当に感謝しています。
何か少しでも参考になればと思い、書かせていただきました。

 

私の妊娠レポート

【経過】

2006 3月 24歳  結婚
2008
11月 27歳 避妊を止める
2009
5月 28歳 下腹部痛の為、婦人科受診。合わせてタイミングも診てもらう。  数周期診てもらう中、フーナーテストの結果が良くない為、不妊専門院を勧められる。
 
9
月      不妊専門院へ転院。

たくみ堂のことをインターネットで知り、同時に通い始める。

10月         抗精子抗体が強陽性と判明
11
月     人工受精①
12
月     人工受精②

2010 1月     体外受精①(2個採卵。受精せず)
 
2
月      体外受精②(0個採卵)
 
3
月      顕微授精①(1個採卵。Day4移植)
 
4
月 29  顕微授精②(1個採卵。Day5凍結)
 
6
月    (凍結胚移植)妊娠するが、心拍確認前に流産。

201011月     顕微授精③(3個採卵。分割進まず)
2010
12月     顕微授精④(2採卵。分割進まず)
2011
2月     顕微授精⑤(1個採卵。分割進まず)
2011
3月     人工受精③ 妊娠。

【不妊治療】

子どもは欲しいと思えばすぐにできるものだと思い込んでいました。ただ、自分の体にあまり自信が無かった為、もしかしたら出来にくいかもという漠然とした不安はありました。病院へ通い始めると、医療の力に頼り、「病院へ行っているのだから妊娠できる」と思ってしまい、なかなか自分の体と向き合うことをしませんでした。 

抗精子抗体があるとわかった時は、知人に同じく抗体があり不妊治療を続けている人がいた為、先が真っ暗になりました。この時は、鍼治療中に大泣きしてしまいご迷惑を掛けてしまったのですが、皆様の温かい「大丈夫」という言葉に本当に勇気付けられました。 

すぐに、体外受精を始めたのですが、受精しなかったり、採卵数が少なかったり、毎回採卵からやらなくてはならず、金銭的にとてもきつかったです。そんな中、初めての妊娠をすることができたのですが残念ながら流産してしまいました。 

体が落ち着くと治療を再開したのですが、分割が全く進まず移植も出来ず、毎回とても辛かったです。 

病院側の都合で、顕微授精の予定を変更し、人工受精に切替え、奇跡的に妊娠することができました。 

【妊娠に向けて行ったこと】

・週1回たくみ堂へ通う

・生姜温灸(妊娠周期は朝晩2回)

・黒酢足湯( 〃       )

・腹巻、レッグウォーマーをつける

・湯船につかる

・玄米、まごわやさしいの食事を100回噛んで食べる

・なるべく歩く

・冷たいものは口にしない 

【たくみ堂と不妊治療中の気持ち】

他力本願なうえにすぐに結果を求めるところがあり、そんな自分が嫌になることが何度もありました。堪え性も無く、何度泣いて皆様にご迷惑をお掛けしたことか、恥ずかしく思います。そんな私のことを見放さず、いつも「大丈夫」と優しく言って下さったことが本当に励みになりました。鍼治療には毎週通うものの、それ以外の自分でやることはサボりがちで、もっと真剣にやっていたら結果が早くついてきたのかもしれないのですが、きっと自分にはこの時間が必要だったのだと思っています。

鍼治療は、毎回丁寧に体を整えて下さり、特に採卵や移植前後はより丁寧にやって下さり、精神的にとても安心することができました。妊娠がわかってからも、妊娠が継続できるか不安でしたが、そういった不安を取り除いてもらえました。

今、こうして妊娠できていることを本当に奇跡だと思います。何が正解かわかりませんが、ただただ感謝するのみです。諦めなければいつかきっと、奇跡が起こると信じています。本当にありがとうございました。 

あともう少しで出産という時を迎えていますが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 
ページトップへ
 

妊娠レポート7 (NO66)
東京都 41歳 鍼灸治療1年9ヶ月間   2011.10,12報告
 たくみ堂 院長先生

 本当に長い間お世話になりました。ありがとうございました。産後までお世話になり感謝しております。

私の妊娠レポート

妊娠レポート

30歳   結婚
34歳   第一子出産

 中々子宝に恵まれなかったので勇気を出して不妊外来を受診。そこでまずタイミング法を数回試したのち、卵子の成長がどうやら悪いらしいということでクロミッドを服用した所、見事に妊娠しました。。

一人でも授かれば・・・と思っていたもののやはり2人目が欲しいと思い、不妊治療を再開しました。

35歳   クロミッドの服用で妊娠、6週で流産

たくみ堂を知ったきっかけは偶然に友達の友達が通っている・・・と聞いたことでした。

初診では‘お腹が固いし、冷えている’と言われましたが‘大丈夫、治療すれば絶対に妊娠出来ます’という先生の温かい眼差しを見て‘頑張ろう!諦めることはいつでも出来る’と思ったのを覚えています。
そしてたくみ堂へ通い始めてから半年・・・・

39歳   人工授精で妊娠、しかしまた流産してしまいました。

妊娠反応が出てから最初の治療に来た時、自分でもなんとなく‘まただめかもなあ・・・・’と漠然と不安を抱えていたのですが、脈を診た先生の険しい表情で‘今回もきっと育たないんだろうなあ’とわかりました。後で伺ったらやはりまだ体が整っていなかったし、妊娠脈も弱かったと仰っていました。

この時39歳。‘一人授かった事だし、もうやめよう。ないものを数えるのをやめて、恵まれたものに思いを馳せて行こう’と自分に言い聞かせながらもどこかで諦めきれない自分がいました。不妊治療はお休みした事もありましたがたくみ堂には基本的には毎週通っていました。お腹の事だけでなく肩こり等も軽減されるし、スタッフの方も本当に素敵な方達ばかりで義務というよりはある意味楽しく通っていました。生活の一部になっていたような感じです。ちょっとしたアドバイスも沢山頂きました。その時の症状に合わせてこんにゃく湿布を置く場所を教えて頂いたり(鼻づまりには鼻の上部、とか)、玄米の食べ方だったり。そして弱音を吐いた時には励まして頂きました。やるだけの事をやってから諦めようと思い、体外受精にも3回チャレンジしましたが着床しませんでした。この間、私が行っていた事は以下の通りです。

1) 生姜温灸(ほぼ毎日)

2) びわの葉温灸

3) 玄米を食べる(毎日ではなく・・平均すると月10日くらい。チャーハンにするとパラパラに仕上がって美味しいですよ!)

4) 冷たい飲み物を飲まない(夏でも常温)、食べない(お刺身やお寿司はたま~に)

5) 夏はミュールを諦めて靴下着用

6) 大好きなビールはやめて赤ワインに、そして食後のアイスクリームもやめました! (夏は時々食べましたが)

7) 足湯(元々寒がりの冷え性なので冬場は特に1日2,3回することもありました)

8) 水泳をやめました(全身運動だからと週に1度は泳いでいたのですが、泳ぎ終わってもあまり体が温まっていないどころか水の中でむしろ冷えているように感じてやめました)

9) その替わりにひたすら歩きました(と言ってもいわゆるウオーキングは苦手なので、出かける時には頑張って早く支度をして駅までの自転車をやめて歩く、もしくはひと駅分歩く、等無理のない範囲でとにかく歩く機会を増やしました。そして出来るだけ荷物を軽くして早足で歩きました)

10) 体に悪いものを入れない(買い物の時にも添加物の表示等をきちんとチェックしてなるべく少ないものを買いました)

11) 黒酢を飲む(忘れることもしょっちゅうでしたが)

12) 汗をかくように心がけました(運動が出来なければお風呂で、等)

自分の出来る範囲で、あまり無理をせずに続けていました。
自分の体が変わった!という実感は正直あまりなかったのですが、体を温める事を意識したせいか、冬に風邪をひきにくくなりました。そして以前よりも疲れにくくなった気がします。

41歳   人工授精で妊娠・出産

前回同様、まずたくみ堂に駆け込みました。先生がいつになく長い時間、本当に必死にハリを沢山さして下さったのを今も覚えています。祈るような気持ちで過ごした最初の数週間でしたが胎児の心拍が取れても中々安心出来ず、安定期も過ぎて20週近くなってからやっと周囲に報告をしました。ハリ治療のおかげでつわりも軽くてすみましたし、安産灸のお陰で高齢にも関わらずスピード出産となりました(病院到着後3時間)。前回は飲むことになった‘張りどめ薬’も一度も飲むことはなく、妊娠中の経過がとにかく良好だったのもたくみ堂のお陰で。私は流産の事もあり、血流を良くするお灸も教えて頂きそのおかげもあって今回無事に出産出来たのだと思っています。

そして最後の治療となった38週の治療時に‘産後も見てあげるからいらっしゃい’という温かいお言葉を頂き、今も時間を見つけては時々伺っています。食生活や生活習慣を改善したのは妊娠するためではありましたが、健康に暮らすためのものばかりで今も続けていることばかりです。

院長先生、スタッフの皆様本当にどうも有難うございました。

短いレポートですが何かの参考になれば幸いです。

 

 
ページトップへ
 



妊娠レポート7 (NO65)
埼玉県 35歳 鍼灸治療1年9ヶ月間   2011,8,1報告

たくみ堂 院長先生・スタッフの皆様・奥様、ご無沙汰しております。明日で38Wです。そろそろかなぁ~と思いながら、ドキドキしています。

私の妊娠レポート

妊娠レポートです。

26歳  結婚

28歳  体調を崩し始める。

2930歳  べビ待ちを始める。 

 子宮頸がん発覚  0期上皮内癌 円錐切除術にて治療。

3032歳  不妊クリニックへ通院。

3235歳  不妊クリニックをお休み。たくみ堂に通院。

35歳    再び不妊クリニックにて、体外受精。  201012月 妊娠反応!!

独身時代  高校生までは親元で、旬の野菜を毎日たくさん食べて、父の作った米を食べ、お菓子を食べるなら果物。クーラーもなく、汗をたくさんかく毎日。そんな健康的なのびのびとした暮らしをしていました。ただ、ダイエットもして、貧血になった経験もあり。 大学に入り、自由奔放の毎日で食生活はほぼ外食・コンビニでした。就職をし、さらに夜中の12時ごろに帰宅をする毎日、食事・睡眠も崩れた生活。 

26歳結婚  引き続き仕事を続けていました。部署が変わり、全国に出張に行き、仕事で朝まで働く日も多々あり、休みの日も携帯はなり続けてました。      結婚したのに、疲れ果て家事もろくにできず、夫婦仲も良くなかった。。。主人に悪いなって気持ちと、でも仕事が楽しいって気持ちとで少し心身共にバランスを崩していたのかもしれない。でも、いままで風邪もひかない体質なので、健康に自信があり、生理もちゃんと来てるし大丈夫だと思ってました。

28歳    少し太ってしまったので、ダイエットをしてました。そして、生理中に倒れてしまいました。健康に自信のあった私の身に何が起こったのか驚き、動転!!      でも、体調を崩しながらも仕事を続けてました。しかし、なんだか体調がすぐれなく、憂鬱な日もあり、休みの日は全然起きられなくなっていたので、気分を変えるために、ちょっと安易ですがべび待ちを始めました。

2930歳  半年して兆候もないため、近所の産婦人科でチェックをしてもらいました。子宮頸がんの発覚。

3032歳  検査・手術をして、再発を恐れた私は焦って、不妊クリニックへ。先生にいきなりAIHから始めないと妊娠の見込みがないと言われて、ますます焦る。      何度も、AIHをしましたが陰性。。。体外受精を進められる。フーナーテスト・卵管造営など不妊の基本検査は異常なし。黄体期が弱いがこれが大きな原因とは言い難いとのこと。原因も良くわからないまま体外受精を始める。 移植を4回するも陰性。
仕事を辞める。

32歳~   事務のパートを始める。  

友人の勧めで、たくみ堂ナチュラル会に参加。その数か月後から通院。      絶望的だった私に、院長先生から辛かったですね・・・自然妊娠できますよ。と言われた時はほんとに嬉しかった。

<通院しながら、家でやっていたこと>

・しょうが温灸

・ビワノハ温灸

・こんにゃく湿布

・半身浴 週1

・足湯  

・ウォーキング 週3回 30

・ヨガ 月2

・和食中心の食事   まごわやさしい

・ソワイショウ

・お腹のマッサージ ナチュラル会で習った。

温灸は、毎日やりました。同じことばかりだと飽きるので、日によって変えてました。こんにゃく温灸が一番簡単で、温まり、主人とお互いにしました。

その他は、曜日で決めてしまうと、出かけたりしてやらない日ができたりして、やめてしまうと思ったのである程度スケジュールのわかる週の初めにやる日を決めました。2年間続けられました。

通院の初めは、お腹が固いと言われてました。生理痛もそれなりにありましたが、2か月後になくなりさらさらな生理になるようになりました。

お腹も、自分で触るとわかるくらい柔らかくなってました。しかし、生理周期は崩れて体温も定まったりそうでなかったり・・・ちょっと不安になりましたが、好転反応ということで、待ってみることにしました。

そして、もうすぐ1年というところで院長にそろそろべびちゃんが来てもいいね~なんて言われて嬉しかった。

体調も、いままで疲れやすくなっていたのが動けるようになりました。朝も弱いタイプでしたが朝から出かけてもスタミナ切れにならなくなりました。

体つくりを初めてもうすぐ2年が経とうとした頃に、家の新築の計画があり、私はこれを機会に体外受精をしたいと思うようになりました。

院長に相談し、了解してもらいました。

そして、体外受精の結果、生まれて初めての妊娠反応がでました!!!

妊娠の経過は、問題なく、ただ体外受精の影響で卵巣が腫れていて、15日間入院をしましたが、べびちゃんは至って順調のようです。

結局、原因はわからないのですが、私の生活スタイルそのものが原因だったのかなと思っています。

メンタルも、今までは努力をして手に入れられると思ってましたが、べび待ちをきっかけに焦らず待つことも一つの手段だと思いました。

そして、自分のタイミングで、何かを始めるってことで迷いなく進めて、結果に近づける方法なのかなとも思いました。

お腹に宿る命は、授かりものですが、その為の努力は必要で、私にはその期間が2年必要だったようです。そして、5年の不妊生活で、主人との関係もまた違ったものになりました。

これから産まれてくるベビーに対する気持ちも体に良いものを食べさせたいと思ってます。

そういう風に思えるようになったのも、たくみ堂の院長先生・スタッフの皆さんのアドバイスや励ましのおかげだと思います。

現在、通院されている皆様に素敵なタイミングでべビちゃんがやってきますように☆

出産までは、まだハラハラしますが、また報告させていただきます。


 
ページトップへ
 

妊娠レポート7 (NO64)
東京都 32歳 鍼灸治療9ヶ月間   2011.7,4報告

たくみ堂院長先生、奥様、スタッフの皆様お世話になっております。現在妊娠9ヶ月後半に入り、出産の日をドキドキしながら待っている日々です。
そんな私が妊娠レポートを書ける日が来ていることを大変嬉しく思っています。

私の妊娠レポート
29歳 結婚 結婚式終了を期にベビ待ち開始
     開始後5ヶ月目に妊娠検査薬で陽性反応 しかし、化学流産になる
     これをきっかけに不妊病院で検査してもらったところ、多嚢胞性卵巣症候群と診断されて、
     自分で排卵できるものの生理周期は不規則であると言われる。

30歳 不妊病院にてタイミング法を開始
    排卵誘発の薬を飲んだり、注射を打ちつつ約半年試みるも妊娠せず
    人工授精にステップアップ3回試みるも妊娠せず
    この頃、鍼が妊娠に効くという情報を手に入れて、ずっと西洋医学にばかり頼っていたけど、
    鍼で東洋医学を取り入れて体質改善も大切だと思いたくみ堂に通院を決める

    そして、不妊病院はお休みする
    基本的には週1回、予定の合わないときは2週間に1回は通院するようにしました。
    鍼をするのは初めてで痛くないのか恐怖心はありましたが、慣れてくると痛みもあまり気にな          らないし、帰宅時には体がすっきりをするので無理なく通院できました

31歳 たくみ堂に通って7ヶ月が過ぎた頃、不妊病院への通院を再開しました
    そこで初めて体外受精にステップアップ
    1回目の挑戦で妊娠(胚盤胞を移植)

<妊娠のために行ったこと>
・しょうが温灸 1日1回夜に行っていました
         体外受精の周期では1日2回朝晩と行いました
・こんにゃく温灸 これも1日1回おなか以外にも肩こりなので肩にあてたりしながら行いました
・玄米を食べる 私は白米と玄米を混ぜて食べていました
・温野菜を食べる 生野菜ではなく温野菜を心がけました
            その中でも根菜・豆類は特に採るようにしました

・常温または温かい飲み物を飲む 
・お酢を飲む たくみ堂では色んな種類のお酢を販売していたので、特にこれと言った1種類ではなく色んな種類のお酢を飲んでみました
・出来るだけ歩く 1駅分くらいならウォーキングも兼ねて歩くようにしました
・ヨガに通う 週1回ヨガ教室に通いました
・願掛けをする 子宝にいいという神社、温泉には夫婦で観光旅行がてら何箇所も行きました


妊娠がわかってからはたくみ堂への通院は2週間に1度くらいの割合になってしまいましたが、
つわりに効く治療をして頂いたり、家でできる安産灸や逆子灸のおかげか、
私自身体調不良で仕事を休むこともほとんどなく、
おなかの胎児も元気に成長していて、
妊娠9ヶ月の今、特に大きなトラブルもなく、出産前の時間を楽しんでいます。

私は妊娠するにあたり、西洋医学の力も借りましたが、たぶんこれだけでは妊娠には至らなかったと思っています
たくみ堂に通い自分自身と旦那の健康にも気を使い体質改善を試みようとしたからだと思っています
たくみ堂では鍼治療だけでなく、ちょっとした健康へのアドバイスもいただき、
私の自分自身の体に対する気持ちにも変化がでてきました。

なかなか妊娠できないことに不安を感じて、苛立ちを覚えたことは何回もあります
焦っても仕方ないとわかっていてもどうしようもない感情で旦那とぶつかったこともあります
でもこれも大切な妊娠への課程だったのだと思っています。

今おなかの中で育っている子を元気に出産して一段落したら、
2人目も欲しいなと贅沢にも思っています。

その時にはまたたくみ堂の皆様、よろしくお願いいたします。.  
 


 
ページトップへ
 



妊娠レポート7 (NO63)
東京都 40歳 鍼灸治療3年間 2011年1月妊娠 2011.6.24報告

院長先生、奥様、スタッフの皆様

いつもお世話になっております。まさか自分がいつも励みに読んでいた妊娠レポートを書くとは夢にも思いませんでした。少しでも皆様の参考になればと思い送らせて頂きます。

私の妊娠レポート

1998年 27歳 結婚

1999年 28歳 内分泌系病気発症。治療。

2006年 35歳 不妊治療開始。フュナーテスト、卵管造影検査、腹腔鏡手術、

        人工授精10回くらい、体外受精1回するも結果出ず。

        主人側異常なし。自分は原因不明の不妊。

2008年 37歳 たくみ堂をHPで見つけ通院。お腹の冷え、硬さあり。

2009年 38歳 結婚11年目で自然妊娠するも、6週目で流産。

2011年 40歳 二度目の自然妊娠。

 

 持病を抱えながら、結婚13年目、通院3年間と先の見えない道を歩いてきました。子供の誕生は、後から結婚した仲間や後輩に沢山先を越されてきました。自分も可能性があるうちにちゃんと自分と向き合おうと、不妊治療に入る為、長年勤めた会社も辞めました。途中で、同居している家族の介護も入って自分は子供には運がないのかと思うことも正直ありました。子供を見るとイライラし、何で自分の体は駄目なのだろうと自分を責める気持ちも強い時期があり、誰にも言えず辛かったです。たくみ堂に通院できても、最初は10日に一回が、時間の経過と共に月一回、二ヶ月に1回ということもあり、結果がでないことにといつもとらわれていました。

 時々、弱音を院長先生に吐くと黙って聞きながら「諦めちゃだめだよ。」と励ましてくれました。(たぶん、毎回脈や鍼をうたれながらその時の体調をすべて先生はご存知だったと思います・・・)マラソンランナーの伴走者のような院長先生、奥様、スタッフの皆様にとても支えられました。診察中、皆さんの温かい笑顔に救われることが何度もありました。通院している時だけがすべてではなく、日常生活に注意して過ごすこと、夫婦仲良く過ごすこと、こんな自分を心配してくれる主人、、両親、義両親、親戚、友人がいてくれること、他人と比べないことの大切さを忘れていたことに、遠回りして気がつきました。

 

《不妊治療を始めた頃》

 こんなに治療が心身共に大変だとは思いませんでした。時間のやりくりや金銭的にも負担がかかりました。“不妊”という言葉の為に、その文字がなければ普通の健康な人と変わらないのに、病院の治療、検査、生理周期に追われ、忙しい毎日を送るうちに疲れが溜まり、薬の影響か顔や体がむくんでいきました。病院にいわれるがまま、薬を飲んで頑張っているのに結果はすべて撃沈。生理が来る度に落ち込み、主人も仕事の合間をぬって治療に協力してくれたことも忘れ、夫婦げんかも多くなりました。自分の体調を見つめないで、妊娠の結果ばかり気にして、勝手にひとりで悲劇の主人公になっていました。不妊スパイラルにはまっていきました。

 

《たくみ堂に通い始めた頃》

 体外受精を1度経験して、西洋医学の治療だけでは自分の体はここまでが限界と感じ、体質改善の為、主人と不妊専門の鍼治療を探し、たくみ堂のHPに出会いました。初診の治療説明もゆっくり丁寧にして下さったので安心しました。この頃、家族の介護ものしかかってきて、自然と不妊治療の病院に通わなくなり、介護の合間を見て、たくみ堂だけに通うようになりました。

 病院通院中に真面目に計っていた基礎体温もだいたい排卵のタイミングが体調で分かってきたので、計るのを止めて、夫婦で相談して、自然妊娠を視野に入れてタイミング法は続けていくことにしました。たくみ堂で、生姜温灸、びわの葉温灸、足湯のやり方を教えて頂き、毎日とは行きませんでしたが、ゆっくりできる時間ができた時に、じっくり温灸しました。温灸の後、特にびわの葉は体がすっと軽くなっていくのが気持ち良かったです。食生活もできる範囲で、体を冷やさないよう飲み物は温かくして飲み、砂糖から黒砂糖にし、玄米や味噌汁といった和の食事をゆっくりよく噛んで味わって食べる努力をしました。

 しばらくするとよく噛まないで食べていることが食事量を多くしていることに気がつき、自分の一回の食事の適量が少ししずつ分かってきました。また、日常歩くことを心がけ、買い物も徒歩で行くようにし、1~2時間散歩するのが苦労でなくなった頃、おしりの周りと足の血流がドクドク流れる音を自分で感じ、少しずつ体が変わっていくのを感じました。お風呂もゆったり半身浴しながら、お腹をさわって「ふかふかになれ~」と声をかけていました。過剰な水分取りすぎにも気をつけ、大好きなコーヒーもひかえました。診察中に質問しづらい時はメールを使って自分の不安を早く解消するようにししました。

 

《たくみ堂に通い始めて1年目》

 妊娠レポートを読むと早く皆さん妊娠していて、なかなか妊娠しない自分に焦りを感じ始めていました。この頃、院長先生にもう一度不妊治療の戻ったほうがいいのか恐る恐るメールで質問しました。「自然妊娠できるはずだから、焦らず体質改善をしていきましょう。」と励まして頂き、踏み止まりました。主人も「毎回生理が来ることは有難いこと。長い目で見て、女性として体調を整える意味も含めて気長に通ってはどうか。」と応援の言葉をくれました。自分の中で少し気持ちの整理がつき、毎回あった生理痛もなくなり、びっくりして先生に言うと「痛くないのが普通だよ。」とおっしゃり、今まで自分は普通ではなかったことを教えてもらい、いかに今までいい加減な日常を過ごしていたかを反省して、もっと体を大切にしようと思いました。

 家族の介護状況がさらにひどくなり、通院も月1回、二ヶ月に1回ということが多くなりました。「やっぱり介護しているから子供は諦めようかな・・・」とまた、マイナスな気持ちが出始めていました。介護に追われたそんな時、結婚11年目に初めての自然妊娠。喜びも束の間、介護と出産両方が自分にできるのか不安に襲われているうちに、流産となり、大きな悲しみに包まれました。しかし、自分の体調が妊娠できる体に変化していることが大きな自信につながり、こんな自分でも赤ちゃんが来てくれたのだと嬉しくなり、また次の赤ちゃんが来るまでに、“赤ちゃんの居心地のいい安心なお腹”を準備できるよう前向きに体質改善を続けていきました。

《たくみ堂に通い始めて2年目》

 妊娠のこと、介護に追われるようになってから変化が起こりました。これからの自分の人生、こどものこと、お年寄りのお世話をすることも大切だけど、今一人で自由に動ける充実した時間を過ごすことも大切ではないかと思いました。介護の合間をみて、万が一こどもを授かったら役にたち、そうならなくても将来、ボランティアでこどもたちと触れ合うときに役に立ちたいと幼児教育の資格を取ったり、語学の勉強をしたり、家族のために体にいい料理の勉強をしました。たくみ堂へ通う月1回の時間をリラックスする時間だけでなく、おいしいランチを食べたり、桜を見に行ったりと限られた時間にできるだけ自分へ楽しい時間のご褒美を作るようにしました。妊娠することのなかった1年でしたが、治療も介護も自分ひとりの今の時間も大切にするようにしたら、精神的にとても充実した年になりました。協力してくれた主人と家族に感謝でした。この年に介護していた家族が他界しました。

 

《たくみ堂に通い始めて3年目》

 そして思いがけず40歳で2度目の自然妊娠。また流産するのではないかという不安な気持ちをすぐにたくみ堂にメールで相談しました。その時、「今まで治療してきたから大丈夫ですよ。」の返信にとても勇気づけられました。後は、教えて頂いたとおり無理をしないで、ゆっくり過ごすことに専念しました。自分の心と体が整った時というか、ふっと気持ちが緩んだ時に、時期を見てお腹に赤ちゃんがやってきてくれたのかなと思いました。おかげさまで今9ヶ月に入り胎動も激しくなっています。教わった安産灸も頑張って続けています。無事に産まれてきてくれるように体調を整え、頑張りたいと思います。

 

 雪が谷大塚駅のコーヒーショップで一人ため息をつきながら、お茶したこと。たくみ堂の玄関の前に道路の隙間からど根性パンジーが元気よく咲いているのを見て、たくましく生きる姿を教えてもらったこと。診察の度にめだかの成長や蛙の置物が増えるのを楽しませてもらったこと。奥様の生けるお花に癒されたこと。自分の街にはない雪が谷大塚の商店街によく寄り道したこと。同じ不妊で悩んだ友達がたくみ堂に通って無事に出産できたこと。安産灸を初めて習いに行った日、診察中に東日本大震災に遭い、自宅に帰れず、たくみ堂にお腹の赤ちゃんと共に泊まらせて頂き、ご迷惑をお掛けしたこと。そこで偶然一緒に泊まることになった不妊に悩む患者さんと友達になり、余震の揺れを気にしながらも不安なことを一晩話せたこと。今では苦しかった中にとても楽しい思い出となっています。

 

 この体験を通して、思いつめると真面目で、何ごとも頑張ってしまう自分が、思い通りにならないことを体験して、少し性格がゆるくなったような気がします。これから、こどもが産まれても道はまっすぐには行かず、いろいろなことが待っていると思いますが、前向きに家族と相談して一つずつクリアーしていきたいと思います。現在、治療で頑張っているみなさんにも、赤ちゃんがやってきますように心からお祈りしております。どうか夫婦を大切に。焦らず、自分を責めず、ゆるやかな気持ちで、明るく、自分にあったできることから体質改善できますように・・・。この拙い遠回り妊娠体験のレポートが皆さんの妊娠、卒業への近道に少しでもお役に立ちますように。

 
ページトップへ
 

妊娠レポート7 (NO62)
東京都 39歳 鍼灸治療4年間  2010年11月妊娠 2011.9.11報告

たくみ堂院長先生、奥様、スタッフの皆様いつもお世話になっております。

 『妊娠レポート』同じ様に悩む方の少しでも励みになれればと思いご報告させて頂きます。

私の妊娠レポート

200312月 32歳 結婚,同時に不妊治療開始。

2005  3月 33歳 妊娠するも9週で流産

2006  6月 34歳 妊娠するも7週で流産

        12月 35歳 たくみ堂初診。お腹が冷たく、硬いと指摘される。

2009  1月 37歳 持病発覚。不妊治療断念。しかしたくみ堂は継続して通院

        10  38歳 持病安定。不妊治療再開。

201011月 39歳 妊娠 

2011年7月 39歳 出産

結婚7年、鍼灸治療歴4年・・・と先の見えない苦しみに何度挫折しかかった事かわかりません。私の後に結婚した方々が妊娠、出産をされて素直に喜べない時を何度と経験しました。
インターネットで不妊、子宝で何度も検索をして片っ端から実践した事もありました。生理が来るたび自暴自棄に陥っていました。
 

たくみ堂も週1ペースが10日に1回、2週間に1回と足を運ぶのが重くなった時期もありました。 

みなさんの『妊娠レポート』を読んでいると根気良く努力されていて、通院歴も3ヶ月~半年と早く妊娠に至っていて「こんなズボラな私じゃ妊娠出来ないよな。いつか子供を諦めなくてはいけない時が来るのかな」とネガティブになる事もしばしば。
楽な方、楽な方へと逃げてしまう性格ですぐ諦めてしまう私は生姜温灸やビワの葉温灸、足湯等々も毎日ではありませんが、出来る時にまだ見ぬわが子を想像しながらお腹に「居心地の良いお腹に仕上げておくから準備が出来たらおいで、待ってるよ。」と話しかけていました。

 持病の再発や新たな持病の発症で心が折れた時も、たくみ堂の先生をはじめスタッフの皆様が私のお腹を信じ、妊娠、出産を実現できるよう鍼灸治療は勿論、食生活の改善や、運動の勧めなどいろいろな情報を提供していただきました。
丹田を温める、身体を冷やさない、腹は7分目など産後の今も役立っています。

たくみ堂では不妊治療プラス持病も改善していただき、時には趣味の話などで心もほぐして頂きました。ほんとうに心身ともにリフレッシュ出来る場でした。

産後も足腰の施術をしてもらいたい程です。(笑)
こうしてわが子を抱きながら笑って過ごせるのもたくみ堂さんのお陰だなと、つくずく思います。
ほんとうにありがとうございました。

 
ページトップへ
 


妊娠レポート7 (NO61)
東京都 40歳 鍼灸治療 2010年9月~ 2010年11月妊娠 2011.5.27報告

院長先生、奥様、スタッフの皆様

いつもお世話になっております。

妊娠レポートを送らせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 

私の妊娠レポート

私の場合、こちらにお世話になったのが、すでに40歳になってからでした。

それまで数年に亘り、何度か顕微授精を行ってきましたが、なかなか結果が出なく
て・・・。初期流産してしまったことも、ありました。
食べ物や漢方など、良いと言われるものにはいろいろ手を出してみましたが、鍼灸に
ついては、やってみようかと思いつつ、そのままになっていたというのが正直なとこ
ろです。

個人的な事情もあって、途中1年くらい不妊治療自体をお休みし、再開後、胚盤胞が
幾つか出来ました。
でも、その周期では移植できず、凍結胚にしていただきましたが、さらに排卵後も卵
が残ってしまうなど、なかなか体調が整わず・・・。
結局、また移植延期となってしまい、その時の私はショックでとても後ろ向きでし
た。

歳のこともありますし、なかなか調子が整わない自分の身体に、夫にも申し訳なく
思っていましたが、その夫から、「焦らなくても、赤ちゃんも○○(私)がベストな
体調の時を待っててくれてると思うよ」と言われ、ちょっと前向きになれました。
そして、「この間にやれることは、とにかくやってみよう」という気持ちになり、前
からホームページなどを拝見していたたくみ堂さんに、伺わせていただくことに致し
ました。

そんなわけで、私がこちらに通わせていただくようになったのは、移植前数ヶ月から
です。
鍼自体は、以前運動中に腰を痛めた時に、別の鍼灸医さんにしていただいたことが
あったのもあり、特に抵抗はありませんでした。
ただ、お恥ずかしい話ですが、私は基本的に「病院」や「治療」というものがすべて
苦手で、こちらに伺うのも結構な決意が必要でした。
でも、お電話で問い合わせさせていただいた時、奥様に優しくご対応いただき、初め
て伺った時には、院長先生が優しく話しかけてくださいました。また、スタッフの方
からも丁寧で優しいご説明をいただき、とても安心したのを憶えています。

昔から冷え性で、いつも(夏でも)手足が冷たかったので、気をつけて靴下を履いた
りしていました。
運動が苦手なものですから、せめてもとストレッチなどしていましたが、そのくらい
ではなかなか良くならず・・・。
でも、こちらで鍼をしていただいて、生姜温灸や足湯の仕方を教えていただきまし
た。
また、枇杷温灸も教えていただきましたが、いずれも私にはとても合っていたように
思います。
自分でも足が冷たくて眠れないこともあるくらいの私でしたが、徐々にそれがなく
なってきました。
靴下を履かなくても眠れるようになるなんて、私には快挙でした。(今は、就寝時は
レッグウォーマーを履いています。起きている時は、靴下を履きます。)

また、「子宮がふかふかになるとよい」とか「子宮が柔らかくなるとよい」と言われ
ても、なかなかイメージが沸かなかったのですが・・・。
それが、こちらに通いはじめてから、なんとなく自分でもわかる気がしてきました。
具体的な感覚というよりは、気分の問題なのかもしれませんが。
ただ、実際に、それまでいつも7~8mmだった子宮内膜も、10mmちょっとになりまし
た。
これも、私にとっては大進歩でした。

そして、ようやく体調もととのい、移植となりましたが、その当日、移植後すぐにも
鍼をしていただいて、とても安心できました。
特に、院長先生に、子宮の調子はとてもいいから大丈夫とのお言葉をいただき、前向
きになれました。
それまでになかったくらい、落ち着いた気持ちで妊娠判定までの2週間を過ごすこと
ができたように思います。
もちろん、ずっとドキドキしていましたが、こちらで施術していただき、いろいろお
話させていただいて、不安などが解消できたことは、とても大きかったです。

その後、ありがたいことに、妊娠していることがわかり、無事今に至っています。
その間にも、以前の初期流産の経験もあって、いろいろ悪い想像をしてしまったりし
ましたが、検診以外にも毎週こちらに通わせていただくことで、我ながら身体的には
もちろん精神的にも、とても安定したのではないかと思います。

院長先生はもちろん、スタッフの方々も優しくて、いろいろ教えてくださり、私の不
安を払拭してくださって、本当に感謝しています。皆様、本当に明るくて素敵な方ば
かりで、ありがたいです。
こちらにお世話になっていなかったら、私自身の性格からして、妊娠できてもできな
くても、もっともっといろいろ余計なことを考えて、ぐるぐるしてしまっていること
と思います・・・。

お蔭様で、妊娠9ヶ月になる今まで、順調にきています。
悪阻も、気持ち悪さの他、動悸・息切れがひどかったのですが、置き鍼をしていただ
いて、かなり軽くなったのではないかと思います。
経産婦の友人たちから、妊娠後期になると浮腫も出てくるし、腰痛がひどくて大変!
という話ばかり聞いていたのですが、浮腫も出ず、腰痛もひどくありません。
ちょっと足がだるくなったり、腰が痛むことがあっても、毎週伺って鍼をしていただ
くことで、だいぶ解消されていると思います。

今、お腹の中で、赤ちゃんが動いてくれているのを感じると、本当にあの時、思い
切ってこちらに伺って良かったと思います。
本当にありがとうございます。

予定日まで、あと1ヶ月ちょっと。
教えていただいた三陰交へのお灸なども続けながら、無事に産まれてきてくれるよう
心身共に整えつつ、頑張りたいと思います。

今後ともお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。


 
 
ページトップへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針