不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!

妊娠レポート8 (NO80)
横浜市 38歳 鍼灸治療2年4ヶ月間 2012,7月妊娠、  2013,1,21報告
院長先生、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
妊娠レポートを作成しましたのでお送りします。
治療を続けていらっしゃる方に少しでもお役に立てればいいなっと思います。
私の妊娠レポート

《私の妊娠レポート》 

私が本格的に不妊治療をはじめたのは35歳の時です。
結婚は24歳と早かったのですが、1~3年は夫婦二人の生活を楽しみ自然に子供が授かればいいかなーと思っていました。


ところが30歳目前にしてもなかなか授からず、29歳の時に不妊治療を行っている産婦人科で、タイミングやAIH(3回)を行いましたが妊娠に至らず。また産婦人科だったのでまわりの妊婦さんを見るのがつらく1年位でやめてしまいました。
その後、不妊治療専門の病院へ通い始めましたがフルタイムの仕事をしていた為なかなか時間もとれず結局また通わなくなり。。。
その時は、主人も「大丈夫そのうち授かるよ。」と。私もなんだか漠然と35歳までには授かるだろうと思っていたのが不思議です。
 

そしてあっという間に35歳目前に。主人はすでに42歳。
別の不妊治療専門医院に通うことに決め本格的に不妊治療を始めました。
特別悪いところもなかったのですが、年齢もあるのですぐにAIHから始めました。

AIH
は8回 一度も妊娠に至らず。
IVF
は7回のうち移植ができたのは4回 採卵数はいつも3~4個 
そしてグレードがいい受精卵を移植でき、期待を大きくもっていたのに妊娠に至らなかった時、「ああ私の子宮ちゃんどうしたんだろう。ダメなのかな」と心底落ち込み、今まで以上に涙がとまりませんでした。その時すでに年齢は38歳。
 

どうすればいいんだろう。鍼とかいいのかな。とネットを見ていたところ偶然「たくみ堂」のホームページを見つけ、内容を読み「やっぱり子宮の環境整えなきゃダメだ!」と思いすぐに受診予約をしました。

先生からは「大丈夫妊娠できるよ。一緒に整えていきましょう」と心強い言葉をいただき、「よし、ここで治療を続けて環境を整えてから再チャレンジしよう。それでダメなら諦めよう。後悔しないようにがんばろう」と気持ちを切り替えることができました。子宮環境が整うまではあせりもありましたが、病院での治療はお休みすることに決めました。 

私が妊娠に至るまでに続けたことは
・週一でたくみ堂に通う。
・しょうが温灸
・腹巻・レッグウォーマー
・足湯
・玄米や雑穀米を食べる
・ピラティス
 

あとは、スタッフの方に教えてもらったことやホームページにある健康情報を見てできることはやってみました。続かないこともあったけど、私なりに努力はしてみました。
そしてお腹の状態も「いいねー」と先生に言っていただいた時に、再びIVFに挑戦しました。

残念ながら治療を再開してから1度目は移植はできなかったのですが、2度目のIVFでなんと妊娠が判明しました。卵ちゃんは3個とれたのですが、受精したのは1個。その1個の受精卵がちゃんとお腹のなかに着床し育ってくれたのです。 

現在8か月、あと2か月でベビちゃんに会えるのかと思うと本当にうれしいです。妊娠後もたくみ堂に通っているせいか、高齢にもかかわらず問題もなく順調に育ってくれています。

授かるまでにとても長い年月がかかってしまいましたが、たくみ堂に出会い身体のこと、食のこと、改めて考えることができて本当によかったと思っています。 

院長先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました。




 
ページトップへ
 



妊娠レポート8 (NO79)
千葉県  45歳 鍼灸治療1年1ヶ月間 2012,7月妊娠、  2013,1,4報告
 
河村先生、奥様、スタッフの皆様
いつもお世話になります。
毎回、優しい言葉と笑顔で対応してくださり、嬉しく思っております。
ありがとうございます。
お陰様で妊娠7ヶ月になり、お腹の赤ちゃんの胎動を感じる度に
ここにいるんだなぁ~。と実感しつつ過ごしています。
高齢妊婦だけに心配や不安も多々ありますが、無事に臨月を迎え、
健康で元気な赤ちゃんを安産で出産したいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
私のレポートがどなたかの希望になれば幸いです。
私の妊娠レポート
『私の妊娠レポート』
私は、晩婚でした。(私39歳、主人31歳)
スポーツは、好きなのでよく運動していました。
そのお陰で健康でしたが、40歳になり年齢を考え子供を授かるのに
どこか悪いところは無いか、と思い検査を兼ねてレディースクリニックへ
受診しに行きました。 結果、すべて問題なし。
しかし、高齢である為、クリニックの先生の進めでそのまま不妊治療を始めました。

40歳・・・不妊治療開始-タイミング-人工授精
スイミングスクールに通い始める。
(25mでゼイゼイしてたが、やがて2000m泳げる様になり体力が付く)
41歳・・・人工授精ー妊娠ー繋留流産-お休み-人工受精
42歳・・・人工授精-体外受精-妊娠-流産
43歳・・・体外受精-流産-凍結保存ありのまま完。
44歳・・・新宿の有名レディースクリニックに転院
自然で採卵-妊娠-流産-採卵-採卵なし-採卵-完。
44歳・・・たくみ堂にて鍼灸治療始める。
パートを始める。肉体労働で立ち仕事。食品工場で冷暖房なし。
(夏・38℃~40℃ 揚げ場は凄かった。冬・7℃?カイロ貼り。)
44歳・・・7月 自然妊娠。
45歳・・・現在、妊娠7ヵ月。

不妊治療は、結果が出ない。その度に涙が流れ、流産の手術後は、
500円玉の円形脱毛症が幾つかでき、白髪も一気に増えたり・・・。
私は、女性として欠陥ありの様な劣等感でいっぱいになったり・・・。
高度不妊治療は、結果出ず。幾らお金があっても足りない状態だし・・・。
もう、子供は諦めて夫婦二人の人生を歩こう!かと、何度も何度も思ったり。
夫婦で再三話し合い、鍼灸治療を1年通ってみて、やれることをやってみて
それで授からなければ、諦めよう!鍼灸代はパートで稼ぐね。と言うことで
がんばってきました。 肉体労働なパートの疲れを毎週、鍼灸で取って
貰うような感じになっていたりしました。
パートの行き帰り、ウォーキング。帰りは1時間遠回り。とにかく歩く。泳ぐ。
玄米食、5指靴下、体を冷やす物飲食しない。体にいい物を食べる。等してきました。
何よりも、数パーセントの望みを賭け諦めない!!
その気持ちで毎日過ごしていました。 そして、ついに!こうのとりさんがやってきた!
未だに、ほんとかなぁ~。と思いながらも胎動を感じる度に、検診でエコーを見る度に
お母さんに私もなれる幸せを実感しています。
予定日まで、あと3ヵ月ちょっと。
教えていただいた安産灸を続けながら、健康で元気な子を安産で出産したいです。
心身共に整えつつ、頑張りたいと思います。
今後ともお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 
ページトップへ
 




妊娠レポート8 (NO78)
東京都 40歳 鍼灸治療1年6ヶ月間  2012.8,5報告
 
たくみ先生、奥様、スタッフの皆様お変わりありませんか。
おかげさまで、五ヶ月目に入り、赤ちゃんも私も夫も元気に過ごしております。
妊娠出来た事が分かったのはちょうど一年前、初めて検査薬があっという間にピンク色に
変化して自分の目を疑いました。超音波で赤ちゃんの心音を聞くまでは現実感が薄かった
けれど、悪阻とともに嬉しさが日々増してきました。
生まれてからは、妊娠中の鍼とお灸のおかげか息子は夜泣きもほとんどせず、お腹がすい
ている時以外は、あやすとニコニコとかわいい笑顔で答えてくれます。
妊娠中は周囲の方に生まれたら大変よ!って言われていましたが、赤ちゃん、出来るまで
の方がよっぽど大変です!と心の中で思っていました。
出産時、赤ちゃんは3800gもあり、お腹の中でしっかり大きくなってくれたおかげで
分娩は38時間と長く大変でしたが人生の中で最高に神秘的で貴重な体験をすることがで
きました。現在治療中の方、これから治療を始めようと考えている方、少しでも私のレポ
ートが参考になればと思います。


私の妊娠レポート
私が結婚したのは35歳、夫39歳でした。健康には目立った悪い所はありませんでした
が、晩婚だったのでしばらくしたら検査も兼ねてクリニックに行ってみようと考えていま
した。検査では右の卵管が閉塞ぎみ、ホルモンのバランスがあまり良くないため周期が長
いと言われました。実際に周期は35日でほぼ一定でした。一年目からタイミング、でも
妊娠する為だと思うと精神的に緊張してしまうのか、なんだかとてもストレスでした。夫
もそのせいか自信をなくしてしまい、なかなかうまく行かず、夫婦生活しないで赤ちゃん
できたらどんなにいいかと思うくらいでした。周期が35日だと次にくる排卵までが長く
て生理がきてしまうと目の前に大きな壁が立ちはだかるようでした。
二年目に人工授精を二回続けてやりましたがうまくいかず、まさに治療によるストレス不
妊に陥ってしまいました。治療をすればすぐに出来ると思っていたので、二人でかなり落
ち込みました。この頃ネットで不妊について色々調べ、たくみ堂を知ることができ、早速
先生に診ていただき、体の冷えを指摘されました。それからは真夏でも必ず腹巻きをして
冷たいものは飲まないようにしました。妊娠レポートを全部読み、出来ることは何でもや
ってみようと思いました。ほどなくして夫も仕事帰りに月2で通い始め、疲れが取れるね
と言っていました。帰り道は外食などもして小さな楽しみを見つけたりしていました。


通い始めて半年程して鍼治療中の隣の方々が体外受精の話を先生としているのを聞いて自
分もやってみたくなり新宿の有名なクリニックを受診しました。この時は卵3個採取でき
G3を一つ戻し、着床したものの継続しませんでした。期待が大きかっただけにまたもや
落ち込み、体外受精なんてお金と時間、肉体的、精神的負担ばかりで二度とやらないと思
いました。その後は、たくみ先生に男性に効くというお灸も教わり、夫婦でこんにゃく湿
布、お灸、100回噛み、お酢、私は足湯、生姜温灸、ソワイショウ、牛蒡断食、ビワ灸
と何でもやってみました。でも長く続けられたのはお酢とビワ灸でした。牛蒡汁断食はま
さに修行僧のようで食べるのが好きな私にはかなり苦行でしたが、たまにやると身も心も
スッキリ、感性が研ぎすまされる感じがしました。半年ほど坦々とたくみ堂に通いながら
一年程前に予約していた(なんと一年待ち!)銀座の有名な漢方治療を試みてみることに
しました。夫婦二人での漢方はやはり経済的負担が大きかったので、しばらく鍼治療をお
休みすることにしました。


漢方治療も半年程試してみてよかった事は、階段をのぼっても息切れしなくなったことで
したが、ご飯の支度をしながら二人分の漢方を煮だして、朝と夜にコップ一杯飲むことに
徐々に疲れ、逆流性食道炎になってしまい胃薬を飲み始めました。漢方はもうやめてまた
たくみ堂に通い、最初に通っていたクリニックで最後の体外受精に再チャレンジしてみよ
うと考えていた頃、頭痛の様な頭の奥が嫌な感じがすることが増えてきたので、何かな?
と思いながらもそのままにしていました。そのうちに生理が2日で終わってしまったり、
こなかったりという事が続き、もう閉経?!それはまずいよ!と思いクリニックで調べた
ところ血液検査でプロラクチンの値が異常に高く脳の精密検査を勧められ、もしや薬の副
作用かと思いネットで調べてみるとやはり副作用に生理不順と書いてあり、飲んでいたこ
とをとても後悔しました。もうどうしたら良いのか自分でも分からなくなり、考えるのは
やめてクリニックの先生に言われた通りに排卵誘発剤を飲み、たくみ堂に通うことだけに
専念しようと決めました。そしてクリニックの先生に3回目の人工授精をその周期に勧め
られ、したところ妊娠したのです。もう3回目だし全く期待していなかったので、子供が
いなくても楽しく過ごそうと夫と温泉に行ったりしていました。
期待はしていなかったけれど、着床する頃にたくみ先生の着床促進法を寝る前にやってい
ました。真上を向いて受精卵が子宮の壁に着地するイメージを描くのです。実際に超音波
で背中側の真ん中に胎盤があるといわれたので、しっかりイメージ通りに着床したようで
す。せっかく受精しても着床場所がよくないと流産しやすいと聞いていたので、今考える
と、これらが良い結果に結びついたのだろうと思います。


途中、たくみ堂をしばらくお休みしたれど、先生はすぐに快く再診してくださり、本当に
ありがたかったです。妊娠中はとても体調が良く自分でも驚くぐらいでしたが、29週か
ら逆子になり、赤ちゃんは、元気すぎたのか足蹴りが激しくて何度も逆子になったり戻っ
たりして39週にようやく頭を下にしてくれてホッとしました。先生には最後の最後まで
丁寧に診ていただいて本当に感謝しております。
私は、やらないで後悔したくなかったので良さそうなことはすべてやったと思える不妊治
療でしたが、一番はストレスが原因だったような気がします。
それから治療を通して得たことは胆力がついたことです。物事の結果をすぐに求めずに水
中でじっと息を潜めて我慢するような、これは今後、子育てしていく中でも役に立つと思
いました。
治療中は、努力しても結果が出ずに落ち込んでしまう時もあると思いますが、フッと体の
力が抜けた時に突然に視界が晴れることもあります。
頑張りすぎず、どうかあきらめずにいてください。

 

 
ページトップへ
 



妊娠レポート8 (NO77)
東京都 34歳 鍼灸治療6ヶ月間  2012.7,4報告
 
河村先生、たくみ堂スタッフの皆様
いつもお世話になっております。私もようやく妊娠5か月目に入り、少しずつお腹に赤ちゃんがいるんだなという実感が湧いてきている今日この頃です。
こちらにお世話になり始めた当初は自分が妊娠している姿など想像できず、時には落ち込んでみたりもしましたが、そんな時はこちらの妊娠レポートを読ませていただきいつも励まされておりました。
私のレポートが、少しでも同じように悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

私の妊娠レポート
私の妊娠レポート
≪たくみ堂に通うまでの経緯≫
私は27歳の頃結婚をしましたが、今就いている専門職の資格試験の勉強中でもあったため、結婚当初はすぐに子どもが欲しいという考えはありませんでした。30歳で資格試験の勉強を終えましたが、資格を取得してからは本格的に仕事を任されるようになり、残業や休日出勤が当たり前でたまに休みが取れれば海外旅行へ行くなどという妊娠とは無縁の生活を送っていました。
というのも、出産に対して「こわい」というイメージがあったのと、何より子どもはいつでも授かることができると頭の中で考えていたからです。
32歳になった頃、友人が次々と結婚・出産をしていく中で、自分もそろそろかなという気持ちになり、婦人科で健康診断の気分で卵管造影などの検査を受けてみました。結果、卵管の通りが悪い・おりものが少ないなどの指摘を受け、少なからず不妊の症状があることに当時かなりショックを受けたことを覚えています。

人間不思議なもので、今まで子どもに興味が無いわと思っていたはずなのに、いざ出来にくいと言われるとこれは大変とばかりに不妊について調べ始め、不妊専門外来の病院に駆け込みました。
そこは体外受精専門の病院だったため、ある意味最終手段と思われる治療を受けさえすれば”すぐに子どもは出来るだろう”と思っていました。当時の私の考えは本当に甘かったし短絡的だったなと思います。
そこでの方法はひたすら採卵・受精・移植を繰り返すというものでしたが、採卵できなかった、採卵しても空胞だった、採卵できても受精しない、受精しても分割しません、分割途中で止まりました、などなど見事に期待を裏切られ、時間はどんどん過ぎ医療費もかさみ、だけどふと気付くと何も成果が出ていないという、今思い出しても精神的にとても辛く落ち込む日々でした。
病院の医師からも30代前半にしては空胞の数が多すぎるので、次周期は採卵をせずにホルモン治療をしましょうと提案されました。


しかし、今までどちらかというと健康に自信がある方だった私は、体外受精の段階における様々な薬を飲むことにも当初から抵抗があったため、ホルモンを安定させるのに薬を飲むなんておかしい、自分の
体がちゃんとしていなくては仮に赤ちゃんが出来たとしてもちゃんとお腹で育たないのじゃないか?と思い、もっと違う方法がないのかといろいろ調べた時にたくみ堂のホームページを見つけました。
≪たくみ堂に通うようになって≫
33歳の時、たくみ堂を初めて受診しました。経緯をお話しし診察を受けた際、院長にお腹が硬くて血流が悪い、いわゆる淤血(おけつ)の状態だと診断されました。良いお腹にするために一緒に治療をしていきましょうと励まされ、また、その際に自然妊娠も可能ですよと言っていただき、とても気持ちが軽くなったのを覚えています。不妊外来での結果が自然と自分自身に劣等感を植え付けていたことにその時気付き、恐るべし不妊治療と思いました。
それからたくみ堂に週一回のペースでお世話になるようになり、私の中でいろいろな事が本当に劇的に変わりました。
まず、肩こり症で頭痛持ちだったのですが、治療を受けるようになってからどんどん解消していきました。また、顔の頬の部分に常に吹き出物が居座っていたのですが、治療を終えるとすぐに肌がツルツルになるのを感じ、思春期の頃からの悩みの種が一つ無くなりました。


どんどん体の調子が良くなることで、自分がそもそも何のために通い始めたのかうっかり忘れそうになる事もありました(笑)が、体の全体を整えるということでいつか妊娠という結果につながるのだろうと漠然と思うようになりました。同時に、前述の通り自分は健康に自信があると思っていたのですが、細かい体の不調があるにもかかわらずそれを無視して健康と思い込んでいたことを反省しました。
しかし、これからは体の声をちゃんと聞いてあげて本当の意味での健康を目指そう!と感じていた矢先に、また仕事の繁忙期がやってきてしまい、食事の支度どころか教えていただいた一日一回の生姜温灸でさえやっている間にお腹を出したまま寝てしまうという有り様で、やっぱり私には無理なのかとまた考え込むようになってしまいました。専門職であり、また管理職の立場として働いている私が妊娠をしようという発想がそもそも間違いだったんじゃなんじゃないかと思い、仕事を辞めようかという相談まで乗っていただいた事もありました。治療も終わり最後の一人となってしまったにも関わらずお話を聞いていただき、気持ちが整理出来たことで、私は私なりに自分のペースで仕事も治療も頑張ってみようと考える事が出来ました。本当にありがとうございます。


治療を開始してから半年経った頃、主人の勧めもあり、もう一度採卵をしてみようと体外受精を再開しました。採卵、受精の確認、分割の確認とドキドキしながら段階を踏んで行きましたが、何と驚いたことに鍼灸
治療後初めての体外受精が成功し、今こうして妊娠レポートを書いています。治療再開から妊娠までの展開があっという間で本当に未だに信じられませんが、妊娠が確認できてからの経過はとても順調で、これもたくみ堂の皆様のお陰だとつくづく感じております。
治療という側面だけでなく、院長を始めスタッフの皆様の温かいご対応や適切なアドバイスがあることで、体だけでなく心までも治療をしていただけたと感謝しています。
出産までの間、今しばらくお世話になりますが、また無事に出産を終えましたらご報告させていただければと思います。
本当にありがとうございました。

 

 
ページトップへ
 


妊娠レポート8 (NO76)
東京都 38歳 鍼灸治療4ヶ月間 2011,10月妊娠  2012.7,3報告
  たくみ堂 
 院長先生 奥様 スタッフの皆様

 ご無沙汰しております。
昨年6月より今年4月頃までお世話になりました○○です。
妊娠、出産レポートを送ります。
私の妊娠レポート

 予定日は5月11日だったのですが、4日早く、5月7日、4時2分、2864gの元気な
男の子を出産いたしました。

38歳、初産な事もありお産が心配でしたが、前日まで安産灸をしていたお蔭か、
よい陣痛がつきました。
本陣痛だと気付いた時にはすでに5分ほどの間隔だったので、病院へ着いて
から2時間半での出産でした。

赤ちゃんのへその緒が首に一重していたそうで、そのため最後にひっかかり、
吸引分娩となりましたが、元気に産声をあげ、黄疸も出ずに順調に退院でき
ました。
出産後、助産師さんに、安産灸の痕に気づかれて、「これって、三陰交のお灸?」
と聞かれました。「そうです」と答えると、「さすが~」と言ってくれました。「初産
なのにすごく静かでスムーズなお産だった」と褒められました。
産後少し貧血が続きましたが、それも治り体の回復も順調です。
もうすぐ生後2か月になりますが、元気で体重の伸びもよく、母乳で育てています。

妊娠を振り返って、私にとってたくみ堂は、通い始めてからすべて良い方向に
変わりはじめたという気がしています。
.結婚して3年間、子供ができませんでした。
体外受精も自然妊娠も経験しましたが、卵が弱い、赤ちゃんが弱いと言われ続け
て、妊娠を継続できませんでした。

初診時に院長先生に、「きっとよい妊娠ができると思うから、諦めない事が大事
だよ」と励ましていただきました。

生姜温灸(賃貸のマンションに煙がつくとの理由で断念)を1月ほど、こんにゃく
温湿布、せんねん灸は妊娠し、安定期になるまで続けました。その後は安産灸
を教えていただきました。
妊娠するまでは週1回通院し、体外受精を同時進行しました。

たくみ堂に通い始めて、自分の体はまだまだ大丈夫、という気持ちになれまし
た。鍼灸で体が温かく感じたり、懲りがとれたり、排卵周期が整ってきたりと、
よい事がたくさんありました。通い始めて3か月でしたが、ちょうど体調も排卵
周期もよいな、と思った月に、妊娠できました。
院長先生からも、「うまくいきそうだね」と言っていただいたのですが、その通り
になりました。
そしてその妊娠は、今までと違って、とても順調でした。
妊娠した時から胎児の成長はいつもよく、出産まで、あまり大きな心配をする
事なく過ごす事ができました。
妊娠中は、2~3週に1回ですが通院を続け、大丈夫と言っていただくと不安が
和らぎました。
ちょっと油断しそうなところでは喝を入れていただいりし、安産灸も最後まで
続ける事ができ、結果スムーズなお産に繋がったのだと思っています。

たくみ堂とご縁があって、本当に良かったです。
元気な我が子をみていると、1年前、藁をもすがる思いで鍼灸に通い始めた
時が遠い昔に感じられます。
毎回、治療の後、玄関の白メダカを鑑賞して帰るのが楽しみでした。
たくみ堂を卒業した日もいつもの様に眺めていると、白メダカがピョンッと水面
から飛び跳ねたんです。
メダカさんにも「卒業おめでとう♪」と言ってもらった気がして、とても嬉しかった
です☆

本当に、有難うございました。


 

 
ページトップへ
 


妊娠レポート8 (NO75)
埼玉県 26歳 鍼灸治療3年6ヶ月間  2012.7,1報告
  
 院長先生、奥様スタッフの皆様お元気でしょうか。妊娠、出産レポート遅くなりました。拙い文章ですが、患者さんの励みになればと思い送らせて頂きます。

私の妊娠レポート

 私が妊娠したタイミングは、そろそろ子供が欲しい気持ちと、まだ働きたい気持ちが入り混じっているときでした。なので、特にあせりはなく「神様にお任せしよう」くらいの心構えでした。東日本大震災以降は、今まで規則正しかった周期が少しずつのびていきました。直接被害はありませんでしたが、テレビや新聞等の報道でストレスを感じていたようです。体の異変には気づいていましたが、それでも特に心配することはありませんでした。なぜかと言うと約三年半の鍼灸治療で自分のお腹に自信が持てるよう、体質改善をして頂いていたからです。根本的に整えて、良い方向に傾いているのであれば、一時的なストレスによる異変は大丈夫だろう、むしろ気にしすぎの方が良くないと考え、今まで通りのお手当てを続けていきました。

 

鍼灸治療を始め、まず変化を感じられたのはおりものでした。今まで少量だったおりものが治療開始三ヶ月ほどで増え、排卵前のおりものは量、粘度ともとても良い状態でした。今までは冷えていたせいでおりものが少なかった事に気づきました。もちろんお腹も柔らかくふっくら変化していき、治療直後のお腹に触れるのは楽しみの一つでした。肩こりや腰痛は幸いなことに辛くありませんでしたが、治療後は体が軽くなるので、そこでもあとから凝っていたことに気づかされました。自覚症状のない体の不調を先生方は脈や触診で感じ取り、治療をしてくださるので、自分が思っている以上に体はどんどん良い方向に改善されていきました。もちろん自覚症状があるときも、大変お世話になりました。風邪をひいて咳が止まらない時、手あれがひどい時など、症状が出ている部位に加え、根本的に体の弱っているところも診て頂きました。 

びわの葉、こんにゃく、足湯は出来る範囲で実行しました。食事は料理教室に通いじっくり見直し、白米から玄米に変え、毎日手作りし、よく噛んで食べるようにしました。慣れない頃は、一口含んだらお箸を箸置きに戻し、数えながら食事をしました。今となってはお手当てを怠ったり食べ方を間違えると、体が重くなったり、便通が悪くなり、体のほうから生活を見直すよう教えられるようになりました。

 

鍼灸で体を整え、たまに体調を崩して…を繰り返していくうちに徐々に体は改善され、その状態を維持出来る様になった頃に、お腹に新しい命が芽生えました。院長先生や池川先生(胎内記憶を研究されているお医者様です。先生の本は読みやすく、驚きの内容が沢山なので、興味のある方はおすすめです。)赤ちゃんはお腹にくるタイミングをお空から見計らっているとおっしゃいますが、私もそう思います。私のお腹が整うのを待ち、精神的に余裕が出てき始めた頃に妊娠しました。お腹の準備が整った後の妊娠は言うまでもなく楽チンでした。つわりはなく、体重は増えていきますが、体は軽く良く動き回ることが出来ました。良い妊娠をすると、良い妊娠期間を過ごせ、良いお産に結びつくと院長先生はおっしゃっていましたが、本当にその通りでした。

 

私のお産は破水から始まりました。本来だったら、その後有効な陣痛がおこるようですが、スクワットをしても早歩きをしてもスキップをしても陣痛はおこりませんでした。これ以上時間が経過すると感染のリスクが高まるということで、陣痛誘発剤をうってもらいました。その後のお産の進行は、助産師さんも驚くほどとても早く三時間弱でツルンと生まれてきました。出血量、後陣痛ともに少なく、回診のたびに子宮の回復が良いと先生に褒められました。お産後のお腹は力のないふにゃーっとしたお腹でしたが、産後一ヶ月過ぎから以前のような弾力性がでてきました。(伸ばされた皮膚のプヨプヨは健在ですが…)鍼灸治療の効果に驚きつつ、とても嬉しく思いました。そして、良い子宮環境で育った赤ちゃんはお肌もつるつるで、夜泣きもなく、表情も豊かで、とても育てやすいように感じます。

 

産後2~3週間は時間があれば自然体休療法で横になり、子宮と体全体の疲れを除き、慣れない抱っこで肩が凝るときはソワイショウをしています。産後もたくみ堂で教えて頂いた食生活を意識しているので、母乳の出も良く、赤ちゃんのうんちは炊きたてご飯のいいにおいがします。たくみ堂で教えて頂いた事は、妊娠前だけではなく産後にも役立ち、大切なことを沢山教えて頂いた事に改めて感謝しております。 

たくみ堂のおかげで、日に日に可愛さを増していく我が子に出逢うことができました。ありがとうございました。今後も教えて頂いた事を生活の中に取り入れ実践していきます。 

そして一人でも多くの方が良い妊娠、良いお産を経て、我が子と対面できる日がくることを願っています。 

最後に院長先生、奥様、スタッフの皆様、今後も赤ちゃんを望むご夫婦が後を絶たず、お忙しい日々を送られる事と思いますが、どうかお体を大事にしてください。

 

 
ページトップへ
 


妊娠レポート8 (NO74)
神奈川県 36歳 鍼灸治療6年間 2011,12月妊娠  2012.6,19報告
  河村先生
 お世話になっております、遅くなりましたが妊娠レポートを送ります。

私の妊娠レポート
結婚7年目にして自然妊娠し、ようやく妊娠29週を迎えることができました。
たくみ堂にはこの6年近くにわたり、ほぼ毎週お世話になりました。
もともと疲れやすく冷えもひどく、生理痛ももちろんありました。また、風邪をひきやすく、仕事の疲れがたまると、膀胱炎やマイコプラズマ肺炎に度々かかることもあり、いま考えるととても妊娠できるような身体ではありませんでした。たくみ堂に通う前は半年ほど婦人科に通い、タイミング法でクロミッドを服用しましたが、冷えがさらにひどくなり、子宮内膜もうすくなりました。
たくみ堂のことはネットで知り、「母体づくり」という言葉に惹かれ、職場からも近かったので通ってみることにしました。鍼治療はほとんど経験がありませんでしたが、全然大丈夫でした。最初の治療ですぐに両腕が温かくなったのを覚えています。院長先生には「まだ若いから自然妊娠できる。」と言っていただきましたが、当時の私には信じられない言葉でした。
通って半年ぐらいで子宮内膜ポリープが見つかり除去しましたが、それ以来見つかっていません。通って行くうちに足や腰、お尻の冷えもなくなっていきました。生理痛もなくなり、色もよくなっていきました。ここ2~3年は風邪もほとんどひかず、体調は今までにないくらい良くなっていきました。
自分よりあとに結婚した後輩たちが次々と妊娠していき、素直に喜べないときもありました。自分は母親になれないのではないか、自分の身体はどこかおかしいのではないかと不安になることもありました。仕事を辞めたほうがいいのかと悩んだ時期もありましたが、好きな仕事を辞めても子どものせいにしてしまいそうだったので、やめました。毎回の治療で院長先生やスタッフの皆様が丁寧に治療をしてくださり、精神的にも支えられました。
ナチュラル会で紹介していただいた東城百合子先生の本で自然食を知り、3年前にはあな健の料理教室にも通い、玄米食に変えました。また、びわの葉温灸やこんにゃく湿布も時間のあるときにはやるようにしました。夫も疲れや冷えがあり、精子の運動率があまり高くなかったのですが、食事や手当てで少しずつ良くなりました。ただとにかく仕事が忙しかったので、睡眠時間を確保するのが精一杯で、あとはたくみ堂に通うことだけは欠かしませんでした。
昨年あたりから不思議と気持ちに余裕が出てきて、犬を飼い始めたり、自分が子どもを望んでいることを周囲に言えるようになりました。心が開いてきたんだと思います。また、夏から排卵検査薬でタイミングをとっていったところ、12月末に妊娠反応が出ました。安定期に入るまで信じられない気持ちで一杯でしたが、つわりもなく仕事も続けられています。いまは安産灸のおかげで体調も安定し、仕事もあと1カ月で産休です。
たくみ堂に通い始めたときに院長先生に言われたとおり、たくみ堂でしっかりと母体づくりをしていただいたおかげで自然妊娠することができました。時間はかかりましたが、私の身体と心にとって必要な時間だったのだと思います。これから出産や子育てを控えていますが、体力的にも精神的にも不安はありません。身体も心も自然の力で必ず良くなります。諦めずに、でも頑張りすぎずに続けていくことが大切なのだと実感しています。

 

 
ページトップへ
 






妊娠レポート8 (NO73)
       
   神奈川県 30歳 鍼灸治療1年6ヵ月 2011.11月妊娠 2012.6.9報告


  河村先生、たくみ堂スタッフの皆さま
なかなか妊娠できず、不安に思っている私にいつも温かい言葉をかけてくださり、ありがとうございました。
妊娠当初は激しい腹痛に見舞われたりもしましたが、その後34週の現在まで順調に赤ちゃんが育つことができたのは
本当に皆さまのおかげです。
私の妊娠レポート


妊娠レポート:
私は初潮以来ずっと生理周期が不順で、大学3年の時から婦人科に通っていました。
そこでの検診で、私は自然には妊娠するのが難しい、妊娠を希望するまでは子宮を休ませてあげるためにも
ピルを服用することが望ましいと言われ、そこから結婚まではピルを服用していました。
結婚した28歳からは排卵誘発剤によるタイミング療法を行っていましたが、半年経ってもなかなか良い結果がでず、
インターネットで、薬を服用する以外に何か良い治療方法はないかと調べて見つけたのがたくみ堂でした。

通い始めた当初は、仕事をしながらで忙しかったことから2週に1回のペースで通っていました。
しかし、やはりその頻度では体の冷えをとり、更に妊娠できる体つくりをしていくのは難しく、
婦人科でもAIHや体外受精を進められるようになってから、以下の点を心がけたところ、
それから半年後の2011年11月に無事妊娠することがでました。

・週に1回たくみ堂へ通う。
・おなかのマッサージを毎日行う。
・しょうが温灸を毎日行う。
・週に3回以上、ソワイショウをする。
・夏場でもおなかを冷やさないよう、冷たい飲み物を控える。
・冷房対策に職場では、腹巻&膝かけをする。

婦人科に通っていたこともあり、基礎体温は毎日つけていたため、通常、高温期12日目ぐらいから下がって
くるはずの体温がさがらず、もしかして!と急いで薬局で早期妊娠判定薬を買いに行った時のどきどき、
判定薬を使用して5秒たらずで陽性が出た時のうれしさは今でも忘れません。
このときの気持ちをいつまでも忘れず、ベビちゃんをを大切に育てていきたいと思います。
また、無事出産できるまで、これからもよろしくお願いいたします
ページトップへ
 
 
妊娠レポート8 (NO72)
東京都 37歳 鍼灸治療2ヶ月間  2011.9月妊娠  2012.6.4報告
 
河村先生
今日までの3日間ありがとうございました!!
出産予定日を過ぎても、うんともすんとも言わないお腹を抱えて困っていた時、駆け込み寺のように連絡をしましたら、すぐに対応して下さり、しかも大丈夫大丈夫と精神的にも随分楽にして頂きました。感謝しています。あとは、良い陣痛を待って元気に産みたいと思います。

私の妊娠レポート
妊娠レポート
東京都 37歳 妊娠10ヵ月
2011.8~通院、2011.9に妊娠
たくみ堂に通い始めたきっかけは、結婚が遅く当時36歳と高齢であったので妊娠出来るのか不安もあり、妊娠しやすい体作りと考えて通院を決めました。
はじめ河村先生に体を一通りみてもらった時に
「悪い所はないから、すぐ妊娠できるよ。体を整えていきましょう」と言って頂いた時は、とても安心し希望がわきました!
それから、驚くほど早くに妊娠が判明!!
本当に驚きました!!
河村先生の手は、ゴッドハンドです!笑
毎日生姜温灸、足湯を続け、通院して身体がほぐれ精神的にもリラックス出来たおかげだと思っています。
妊娠初期の不安定でつわりのピーク時には、つわりをやわらげて頂き、無事に乗りきりました。
お陰様で、つわりが明けてからは毎日快適に過ごし、赤ちゃんもスクスク順調でした。
ところが臨月に入り予定日が近付いても、何の兆候もなく…お腹もなかなか張らず…、私はちゃんと産めるのだろうかと不安になってきました。
そして予定日は何もなく過ぎ去り、病院での健診では、子宮口はまだまだ固くこのまま放っておく訳にはいかないという事で、一週間後の入院を決定されてしまいました。
どうにかしたくて、毎日2時間ほど歩いたり階段登り降りしたりと毎日クタクタになるほどやりましたが、お腹はうんともすんとも言わない。
そこで、またたくみ堂にお願いする事になりました。
3日間集中的に治療して頂きました。
初日の治療後、お腹が下がった事に驚きました!!
二日目、さらに下がり身体が軽くなりました。
そして三日目は仕上げで、お腹も形がよくなり何より心がフワッと軽くなりました。
これで身体は整いました。
自然な陣痛が来るといいな~と思いながら過ごしたいです。
赤ちゃんは私の身体が整うのを待っていてくれたのかもしれませんね。
安産である事を祈りつつ、
河村先生、たくみ堂の皆様に心から感謝しています!!
産まれましたら、報告します!

 
ページトップへ
 



妊娠レポート8 (NO71)
鹿児島県 35歳 鍼灸治療5年間   2012.2,6報告
 先生お元気でしょうか。おかげさまで今日から私は35週に入りました。
 体験談を書きましたので、メールいたします。私が皆さんの体験談に励まされたように、
どなたかのお役に立てればいいなぁ~と思っているところです。
これからも気を抜くことなく、最後までお腹のベビちゃんを迎えられるように日々暮らしていこうと思います。 生まれましたら またご報告させていただきます。
私の妊娠レポート

 【体験報告】 

 最初に私が不妊クリニックの門をたたいたのは、確か29歳の時でした。26歳で結婚した私は,数年新婚を楽しんだ後、1年ほど自然妊娠を試みるもなかなか子供ができず、かと言ってまだ20代で恥ずかしかったのもあり、とは言っても30歳までには1人は生みたいと思っていたので、地元のそれも地方にあるクリニックをこっそり受診してみました。
 そこでドクターから告げられたのは「子宮筋腫があります。経過観察をしながら、薬と注射で一時的ではありますが、小さくする治療を試みてみましょう」という、思いもよらない診断でした。
 

 子宮筋腫って何?婦人科の病気にうとかった私は、その名前を聞くのも初めてで、まさか自分が病気だなんて夢にも思わなかったので、まるで癌と宣告されたかのようなショックで、帰り道に心配のあまり本屋へ立ち寄り、子宮筋腫についての本を数冊買って帰ったのを今でもよく覚えています。 妊娠にこの筋腫が影響あるかどうかは、ドクターも今イチ確証がなかったものの(当時2~3センチ程)、場所がちょうど着床する部分にあることなどから妊娠するための懸念材料と言われました。 

 家族で話し合った結果、すぐにどうこうある病気でもない為、注射や薬の治療は見送り他に何か治療法はないものか・・・とネットや本で必死に探し回っていたとき、たくみ堂のホームページにたどり着き、すぐに問い合わせしました。鹿児島からは確かに遠かったのですが、もしもこれで筋腫がなくなる可能性があるなら。しかも妊娠体質に体が変わるなら・・・という思いで、上京し院長先生にお会いし診察を受け治療していただきました。

 

 遠方ということもあり、毎週通うことはもちろん困難だったので、その頃は2~3ヶ月に1回ほどだったでしょうか!?通院しながら自宅でできる食事療法やびわの葉温灸などを中心にひたすら体質が改善されるよううちでできることをこつこつやっていた数年間でした。もちろん基礎体温をつけながら、妊娠を試みてはいましたが、なかなか成果が見られないのもこの頃でした。同時に地元の婦人科を数件あたりながら、本当にこの筋腫が妊娠に邪魔になっているのか・・・いろんなドクターの見解を伺いつつ経過観察をしていました。 

 そうこうしているうちに、ある重い病におかされてしまい緊急入院。もしかしたら、もう退院できないかもしれません。。。私がまだ意識のない状況で夫に主治医がそう告げたそうです。その時の夫の気持ちを考えると、今でもなんとも言えない気持ちになってしまいます。けれど奇跡的に回復をとげ3ヶ月程で退院。が当然ながら先1~2年間は絶対安静、自宅療養を告げられ家族以外とは接することのない日々。もちろん妊娠も主治医からリスクを考えると今後あまりすすめられないと言われていましたので、ひたすら療養の毎日でした。けれどこの頃の私は、退院できたこと。病室の窓から眺めてどんなになぐさめられたかわからない桜の花を、今は直に手に触れ、愛でることのできる幸せをかみしめていたので、特に不幸だ。とか辛いだとか思う感じはありませんでした。「生きてるだけで、まるもうけ」 今でも好きな言葉ですが、さんまさんの言葉をそのとおりだなぁ~。と淡々と感じるような日々だったと振り返り思います。 

 けれでそう思えるようになったのも、今思うと夫の一言が大きかったような気が。あれは退院してすぐのことでした。退院はできたものの、もう二度と奥さんらしいことは何ひとつしてあげられないかもしれない。そう思った私は夫に「別れてください。」と頼みました。

その時に夫が私に言ってくれたひと言。「僕は何かして欲しくて結婚したわけじゃないよ。ただ隣にいて笑っていてくれればいいから」  この言葉に当時の私がどれほど救われ、慰められたかわかりません。この人に一生ついていこう。一生かけて恩返しをしなければ。そう思う気持ちはあれからずっと変わることがありません。

 

 1年ほどの自宅療養期間を経て、主治医もビックリの回復を果たした私は、あまりススメられないけれどどうしても望むならば・・・と許可をもらい、また妊娠を試みることに。
が、筋腫はその時10センチ・・赤ちゃんの頭ほどに成長していたため、やむなく手術に踏み切りました。手術後10ヶ月。避妊期間がやっと終わり,準備が整ったので今度こそチャンスを逃すわけにはいかない。。。本格的に不妊治療をスタートさせることができた頃にはもう34歳になっていました。すぐに人工授精に挑戦。6回ほどやった頃、最初はあれほどこわかったはずの体外受精にすすむのにも、その時はもうためらいはありませんでした。地元のクリニックでそのまま体外受精に進もうと準備をススメていた矢先、不妊治療再スタートとともにまたお世話になっていた、たくみ堂の院長先生に何気に尋ねてみたのです。「先生、やっぱり体外受精は病院によって技術って違うものですか?ちゃんと選んだ方がいいものでしょうか?」すると先生の答え「もちろんですよ!!」思いがけない回答に、いろいろ詳しくお話を伺った結果、新宿の加藤レディースクリニックを検討してみることに。 鹿児島に帰ってから夫に相談すると、とりあえず話だけは聞いてみてそれから考えようという結論に。

 

 上京した日。それは夫の東京出張にあわせて病院を訪れたのですが、偶然にも8回目の結婚記念日。治療についての詳しい説明を受け、病院の方針。そして夫の検査結果が今までにないよいハイスコア(笑)だった全てに大満足した私達は、少々遠いけれど同じ高い治療費を支払うなら・・・そして何回できるかはわからないけれど、これでダメなら諦めなければならない。。悔いを残したくないという気持ちで、加藤レディースクリニックにお世話になること決めました。

 決定してからは早速治療開始。2010年12月から体外受精に挑戦します。月に2回ペースで上京しながらの治療。そして無麻酔での採卵。痛いことが嫌いでピアスもあけられない私でしたが、最初の採卵の前日にこわすぎて眠れなかったのも今となっては笑い話にできるほどに・・・やっぱり私も例外ではなく女性は痛みに強いのね。と耐えられないことはなかったと思い起こせるほど。

 

 途中若干の多嚢胞気味と診断され、治療に工夫を施しつつ。1回目は受精せず。2回目も受精せず。3回目は卵胞はとれたものの中が空胞。この時はさすがにガックリ気分も落ち込んでしまいました。東京での治療中はたくみ堂へ通い、採卵・移植の日程をみながら院長先生がお腹を毎回ベストコンディションに整えてくださっていました。そして心のケアも。すっかり落ち込んだ3回目の時も、少しずつ状態はよくなっているから大丈夫。妊娠できますよ。にっこり笑ってそうおっしゃってくださったお顔にどれだけ励まされたかわかりません。そして先生から教えていただいて、気分転換にと先生のお嬢さんの台湾ウーロン茶講座を受けたのもこの頃だったと思います。もともとお茶にはとても関心があったので、お嬢さんのレッスンと楽しいおしゃべりで、随分心が和みました。

 

 そして4回目。初めての受精。そして移植。妊娠判定の当日、どれだけドキドキして診察室に入ったかわかりません。血液検査の結果は陽性。着床はしていました。けれどあまりに数値が小さい為、妊娠継続は不可能という診断。いわゆる自然妊娠なら妊娠に気づかず自然にながれる科学流産というものでした。お腹にベビが来た。でもすぐに別れなければならない。その現実をつきつけられた時、なんとも言えない気持ちに。妊娠判定が5月3日。生理もまだこず迎えた5日の朝。なんとなくですが、お腹の子からメッセージが。「今日は子供の日。お空に帰る前に今日1日パパとママと家族みんなの思い出が作りたい」と。

それを受け取った瞬間、今まで一度も流したことなかったはずの涙が、あとからあとから止まらなくなってしまいました。 今ここにいるのに。。。どうして、どうして。。。

 翌日6日、朝にまたメッセージ。今日お空に帰ると。。。けれどまてど暮らせど生理はこず。翌日は私の誕生日ということもあり、もしかして明日にするのかな?そう思っていた忘れもしない夜中の11時55分過ぎ。 名残を惜しむかのように生理がきました。ばいばい。また帰ってきてね。 その時はもう落ち着いてベビを見送れていたと思います。

 

 お腹は妊娠できる準備が整っていることはわかった。なんとしてももう一度あの子を迎えたい。流産を経験したことで、私のラストスパート的日々が始まりました。先生からススメられて飲んでいた黒酢のサプリに加え、卵の質をあげるにはどうすればいいのだろう?? また必死のリサーチ。そしてたどりついた1冊の本。定真理子さんの著書 35歳から栄養セラピー 妊娠体質に変わる食べ方があった この本を参考にビタミンEは不妊に効くビタミンで卵のサビとりをしてくれる・・・などなど取り入れられることは、どんどん食事にも取り入れて行きました。そして5回目。無事受精した卵を移植。そして7月3日の妊娠判定。 診察室に入った私に、ドクターがにこやかにおめでとう。妊娠していましたよ。 の言葉をかけてくださいました。 すぐに待合室で待っていた夫にも小さく○サインで知らせると、さすがにうれしかったのか、まわりに気を使いながらも小さくガッツポーズ(笑)私は35歳。夫は43歳になっていました。

 

 そして2月5日現在、妊娠35週。9ヶ月まできました。妊娠経過は貧血や若干の張りなどはあったものの、すこぶる順調そのもの。これも教えていただいた安産灸のおかげだろうと思います。妊娠初期は1日1日を指折り数えながらドキドキ不安な毎日で、週数がかわるたびに、まるでお誕生日がきたかのような喜びようでしたが、今ではたまに自分の週数がどれくらいだったか忘れる程。ある意味普通の妊婦さんと変わらないくらい、穏やかで幸せな毎日を送っています。 

 私は先にお話した子宮筋腫の手術歴がある為38週には帝王切開の予定となっています。なのであと3週間ほど。毎日ぽこぽこ元気に動くわが子との共同生活を楽しみつつ、今は無事に生まれてきてくれることを願う日々です。 

 最初に不妊クリニックの門をたたいて6年目。結婚してからちょうど10年目。ミレニアムベビーが誕生する予定です。そして嬉しい予期せぬご褒美がもう1つ。偶然なのですが、私とベビーは干支が一緒の辰年の予定。長年待った甲斐がありました。 

 私がたくみ先生から言われて、心に刻んだ言葉はいくつもあるのですが、その中でも一番心に残っているのが「途中で諦めなければ、いつかは必ず授かるんだよ。でも気持ちをずっと持続させるのが難しい。だから細く長く、諦めず頑張れば大丈夫だよ。自信を持って」という言葉です。 そのとおりになりました。今まで諦めなくて本当によかった。 

 治療中お世話になった、院長先生はもちろん、奥様、お嬢さん、愚痴や不安を聞いてくださったスタッフの皆さん。そして側でずっと変わることなく見守り支えてくれた夫や家族、友人達。みんなの支えがあって、今があると思っています。本当にありがとうございました。 

 我が家のように、治療を続けられている全ての方々に、かわいいベビがやってきますように。こころから願いつつ、私の体験談とさせていただきます。ありがとうございました。


 
ページトップへ
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針