不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!

妊娠レポート9 (NO90)
東京都 38歳 鍼灸治療2ヶ月間 2012,12月妊娠、 2013,7,29報告

 院長先生、奥様、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
遅くなりましたが、妊娠レポートをお送りいたします。

私の妊娠レポート
<妊娠までの経緯>
2011年 2月(35歳): 結婚
2011年 4月(35歳): 妊娠判明
2011年 5月(36歳): 稽留流産(8w)
2011年10月(36歳): 妊娠判明
2011年11月(36歳): 稽留流産(11w)
2012年 2月(36歳): 不育症検査実施 → 不育症
                      以降、流産を予防するため、高温期の中間~薬(アスピリン)
の服用を開始(生理になったら中止)。
2012年10月(37歳): たくみ堂に通院開始(週に1回)
                      以降、生姜温灸、黒酢の飲用開始。
2012年12月(37歳): 妊娠判明
                      以降、薬(アスピリン)服用+ヘパリン注射(37wまで)実施。
2013年 3月(37歳): 生姜温灸に代わり、安産灸開始
2013年 8月(38歳): 出産予定
 
結婚後すぐ妊娠しましたが、心拍を確認することなく流産。
その後も妊娠解禁後すぐに妊娠しましたが、11週で流産となりました。
通常3回連続で流産すると不育症の検査を行いますが、高齢でもあったので、この段
階で専門医の検査を受けることにしました。
4か月待ちで行った検査の結果は、血液が固まりやすく、赤ちゃんに酸素や栄養をう
まく運べない可能性が高いということでした。
不育症は治療法はなく、血液が固まることの予防として、
妊娠の可能性がある高温期の中間から生理がくるまでの間、薬(アスピリン)を服用す
ることになりました。
 
今度は大丈夫だろうと思っていましたが、アスピリンの服用を始めてから半年経って
も妊娠せず、
体質が変わってしまったのかと思い、不妊治療も考え始めました。
不妊治療のクリニックを調べている際、たまたま近所にたくみ堂があることを知り、
不妊治療に良い鍼灸であれば、不育症にも良いだろうと考え、初診の予約をとりまし
た。
 
初診で院長先生に不育症の方もいますよ、と言っていただき、週1回のペースで通う
ことにしました。
また、冷えがあるということだったので、なるべく毎日生姜温灸を行い、黒酢を飲み
始めたところ、
2か月後に自然妊娠することができました。
 
妊娠はとても嬉しかったですが、妊娠が継続できるか不安な日々が始まりました。
私の場合、妊娠してからが本当の治療になるため、
アスピリンの服用に加え、1日2回の自己注射を行い、たくみ堂も継続して通いました。
検診でエコーを見るまでの1週間が長く感じ、注射もしているし、たくみ堂にも行っ
ているから大丈夫、と自分に言い聞かせて毎日を過ごしました。
 
お陰様で経過は順調で、15週目に安産灸の指導をしていただき、
19週目で胎動を感じるようになってから、やっと安心して過ごせるようになりました。
今週から正期産になりいつ産まれても大丈夫というところまできております。
出産予定日ぎりぎりまでお世話になる予定ですが、引き続きよろしくお願いいたしま
す。
 
ページトップへ
 


妊娠レポート9 (NO89)
東京 38歳 鍼灸治療24ヶ月間 2012,12月妊娠、 2013,7,18報告
院長先生 
遅くなりましたが、妊娠レポートお送りいたします。
レポートを書く事で、この2年間を振り返る事ができました。
 
重ね重ね2年間お世話になりました。
 
無事に出産いたしましたら、またご報告させてください。
 
今年は、猛暑になりそうです。お体ご自愛ください。
 
奥様、スタッフの皆様にもよろしくお伝えください。 

  

私の妊娠レポート

 

赤ちゃんを望んだらできる。
結婚したらできる。
仕事を辞めたらできる。

妊娠は当たり前にできると思っていたのに、少し私は違うかも???と思ったのは結婚して一年過ぎた頃でした。(当時37歳)

そんな時、自然妊娠しましたが8週で稽留流産。

でも、「妊娠できたんだ」と気持ちを立て直して半年待ちました。

周りの妊娠報告や、38歳になり焦りも後押しして不妊について調べるようになりました。

そんな中、辿りついたのはあたたかい雰囲気のたくみ堂のHPでした。この妊娠レポートを食い入るように読み、私も体の内側から改善していきたいと思いさっそく初診の予約をとりました。 

初診で院長先生に「大丈夫、妊娠できますよ。」と言っていただき、不安が希望に変わった事をよく覚えています。そして、その日から自宅では生姜温灸を毎日して、週に1度たくみ堂に通うよう生活が始まりました。また、自然と食生活に気を付けるようになったり冷えに注意するようになりました。

たくみ堂と平行して、不妊クリニックにも通い始めました。検査等では特に異常はなく、タイミング・人工授精と進んでいきました。病院通いで心が折れそうになったり、なかなか結果に結びつかなくて落ち込んだ時も、院長先生・スタッフの方にかけていただく言葉で何度も助けられました。いつしか、たくみ堂に通っている!ショウガ温灸毎日してる!というのが自信に繋がっていたような気がします。 

39歳を目前に、体外受精にステップアップする為に転院しました。体外受精に対しての不安な気持ちも自然に治療の際に話を聞いていただきホッして帰った事もありました。

採卵6回・移植3回、その前後で最良のタイミングで治療していただきました。お陰様で採卵後の不調もなく、なんとか乗り越えてきました。なかなか結果が出ずにいた頃に院長先生は「大事なお客様をお迎えする時には十分な用意をするでしょ。今は大事な赤ちゃんを迎える準備をしているんだよ。」とおっしゃいました。そうか、そうだなぁ~と焦る気持ちをおさえられました。

3回目の移植で陽性反応が出たのはその年の年末でした(当時39歳)。年末最後の治療の帰り際に院長先生に「今年最後の陽性の報告、152人目!」と言っていただきました。まだまだ手放しでは喜べない時期ではありましたが、こうして報告できた事が嬉しくて、そして家族だけでなくたくみ堂にも見守られているような温かい気持ちで帰りました。

それからは、ツワリとの戦いでしたが引き続きたくみ堂に通い体調を整えていただき、安定期の頃には生姜温灸から安産灸に変わり、今は妊娠9か月に入りました。里帰り出産の為、たくみ堂を卒業してしまいましたが約2年間お世話になりました。振り返ってみるとこうして自分が妊娠レポートを書いている事が夢のようです。 

不妊治療は人それぞれ状況もペースも違います。クリニックなどではなかなか心のケアなどは期待できません。たくみ堂では治療と同時に自然に気持ちも楽にしてくださいます。

私はこの2年間でたくみ堂の院長はじめ奥様、スタッフの方々のあたたかい助けでがんばってこられました。今は感謝の気持ちでいっぱいです。

あと1ヶ月、安産灸をしながら愛おしい我が子の誕生を待ちます。

本当にありがとうございました。 

最後に、たくみ堂に通っている方々はもちろん不妊治療をがんばっている全ての方々に赤ちゃんが来てくれる事を祈っております。 

 
ページトップへ
 

妊娠レポート9 (NO88)
川崎市 34歳 鍼灸治療6ヶ月間 2013,1月妊娠、 2013,7,6報告

 河村先生をはじめ、たくみ堂の皆々様、この度は大変お世話になり、ありがと うございます。 待望の妊娠エコーで我が子の存在をこの目で確認した時は何とも言えない、味わった事の無い感覚が全身を覆いました。 微力ながら、こちらを読んでくださる方々の何かしらお役に立てればと思い、 レポートを書かせていただきます。 

私の妊娠レポート

 ≪妊娠までの経緯≫
2010 7 月(31 :入籍
2010
9 月(32 :義父との 3 人同居生活開始
2011
4 月(33 :挙式・パーティーを執り行う
2012
3 月(33 :新婚旅行
2012
8 月(33 :たくみ堂に出会い、お世話になり始める
2012
10 月〜11 月(33 :レディースクリニックにて検査
2013
1 月(33 :自然妊娠判明
2013
9 月末(34 :出産予定 

「どうしたら妊娠するのだろう」 結婚式を終えて一段落した頃、気づけばいつも考え

る・・・ 私は、次第に「不妊症」という言葉が頭から離れなくなっていました。考えられ

る原因として、お互いの生殖器に異常があるのではないかという事。 そしてもう一つは、

家庭内精神的ストレスでした。

入籍後夫の実家をリフォームしていただき同棲経験も無く嫁入りし夫、義父との
3 人完全同居生活がスタート。
ところが、
1 年経った頃から、義父の様子に変化が現れました。何が原因なのか常に機嫌が悪くその都度話合いましたが状況は変わらず、義父の顔色を伺いながらビクビク生活する日々に一変。
バラ色の新婚生活どころか、他人の家に住まわせてもらっている、ただの居候としか思えず、自分は家政婦に徹しよう、そう思う方がラクだと言い聞かせたりしていました。私の精神状態は不安定そのもの。息を抜ける場所は、会社
のみ。結婚 1 年目にして家に帰りたくないと思う毎日でした。
心に連動してか、毎月の基礎体温・生理周期はガタガタ。恐らく自律神経のバ
ランスも崩れていたと思います。
毎日、イライラと不安と絶望感の繰返しで、こんな状態では、赤ちゃんを授か
る準備もできたものじゃない。
相談する周りの方々は、孫ができたらきっと変わるのでは・・・と口を揃えて言うばかり。そうかもしれないと思うのですが、その時は、自分に余裕がありませんでした。一時はもうこのまま子供も授かれず、二人きりなのかと諦めに
近い事も考えました。
とは言え一方では、いつも私を支えてくれている夫との子供を授かりたい、私
達の家族を作りたいという思いは、膨らむばかりでした。いじけて何もせず、諦めるにはまだ早い。赤ちゃんを授かるのをただ待っていても今までと変わらない。できれば自分の妊娠力を信じて、自然に赤ちゃんを授かるために今できる事はないかと模索し始めました。


そこで、私は「たくみ堂」との素晴らしい出会いを果たしたのです。

 河村先生との面接に夫と共に行き「大丈夫妊娠できますよ一緒に整えて 行きましょ

」と穏やかな顔で仰っていただいた時「自分、妊娠できそう」 という自信という

か勇気が沸き、同時に安心を感じました。 ただもし内蔵疾患があっても早く対応できる

に超した事は無いという事で、 同時にクリニック等でも検査を受ける事を勧められまし

た。私も不安が無いわけではなかったので、納得し一通りの検査を受けました。 幸いな事

に、異常は見つからず、その後はひたすらたくみ堂に通いました。
たくみ堂に通う日が待ち遠しくて、実際施術の後はからだがポカポカ、本当
に整えていただいた!というスッキリ感が身体全身を巡るのです。
初日に教わった生姜温灸を、寝る前に夫も一緒に交代しながら、できるだけ毎
晩やりました。生姜温灸をして寝ると、ぐっすり眠れるのです。
それから、腰痛もあったので、こんにゃく湿布もやりました。

治療と温灸を続けながら、ストレスもそうですが、冷えも原因の一つだったと
気づきました。
完全に、ストレ
    心身の疲            ストレ   →・・・の負のループにはまっていたのでしょう。
治療を続けて行くうちに、今までは、生理の量も日数も少ない気がして、来る

度にまたきたか・・・と落ち込んでいましたが、少しずつ量も増えてきて、もっとふかふかなお腹を準備しようという考えに変わって行きました。徹底してお腹(子宮・手首足首など、身体を冷やさないようにと努めました。
すると徐々に基礎体温のグラフが形をなしてきて不思議と気持ちの面でも、
ギスギスしていたものから、落ち着きが戻ってきたように感じました。
そんな矢先、妊娠が判明したのです。


 自分の身体は、自分でケアする。腹巻き一枚身につけるだけで、全然違うの
に、な

ぜしなかったのだろう。 容姿を気にして美容院や買い物にはせっせと行くくせに、身

体の内面はほった
らかし。身勝手な自分を恥ずかしく思いました。もっと自分に耳を傾

け、内面を整えて行く大切さを改めて学びました。


妊娠してからも快く受入れてくださる先生、スタッフの皆様のお陰で、つわ
りも無

く、風邪も
1 度軽く引いただけで、順調な経過を辿っています。 教えていただいた安産

灸もできるだけ毎日やり、常に身体を冷やさないよう気 をつけ、そして、何より、

お腹の子と一緒に、普通の生活を送れる喜び、幸せ を感じながら、毎日家族や周りの

方々に感謝をしています。 まずは大事な出産、そしてこの先ずっと我が子を守ってい

けるように、たくみ 堂に出会い、勉強した事を忘れず、心穏やかに過ごす事を心がけます。
最後になりましたが、河村先生をはじめ、スタッフの皆様には、今一度御礼を申し

上げますと同時に、差し出がましいお願いではございますが、赤ちゃん を望まれる

ご夫婦のもとに、どうぞ変わらぬ幸せと愛情たっぷりサポートをそ
そいでくださいま

すよう、お力添えをお願い申し上げます。 本当にありがとうございました。



 
ページトップへ
 



妊娠レポート9 (NO87)
東京都 38歳 鍼灸治療8ヶ月間 2012,11月妊娠、 2013,5,21報告

院長先生、スタッフの皆様、お世話になっております。

今までの経緯と、どのような状況だったかを振り返ってみたいと思います。

拙いレポートですが、少しでもご覧になる方の参考になれば幸いです。

私の妊娠レポート

<妊娠までの経緯>
2011
2月 卵巣嚢腫の手術。左右卵巣を一部切除。
   
8月 近所の産婦人科で相談。自分たちで半年間タイミングを図る。
2012
2月 不妊専門クリニックで検査、治療開始。

  通水検査 ○
 
フーナーテスト(1回のみ) ×
 
血液検査 ○
 
精液検査 
 
抗精子抗体 ○
 
AMH 2.15ng/ml(卵巣年齢39歳相当)
 
卵管造影 ○ 

    46月 人工受精 3回→×
    
7月 採卵1回目
→クロミッド+
HMG(フェリング)、卵胞7個中3つ採卵し、2つ受精。
 
1つは桑実胚で分割停止、1つは胚盤胞3CC。移植は見送る。
   
9月 採卵2回目
   →クロミッド+
HMG(フォリスチム)、卵胞6個中4つ採卵し、3つ受精。
 
1つはG3-5分割で停止。残り2つ共に5日目胚盤胞4AA、凍結。
   同
9月 「たくみ堂」に通院開始。生姜温灸も始める。
    
11月 融解胚移植(4AA1個)→妊娠陽性反応。
2013
5月現在 「たくみ堂」通院を継続中。指導の下、安産灸も行う。 

 

 結婚して4年、35歳にもなったし、そろそろ子作りをと思ったら、初めて受けた区の検診で卵巣嚢腫が発覚。おかげで子作り開始が半年以上遅くなりました。きちんとタイミングを図ればすぐ妊娠できるかと思いきや、まったく兆候がなく、タイミングを続けて半年経ったので専門のクリニックに通院することにしました。

 検査の結果、フーナーテスト以外は全く問題がなく、ホルモン値や内膜の厚さも問題なく、原因がわからない感じでした。ですが年齢のことや、卵巣の手術をしていることもあり、なるべく急いだ方がいいとの医師の見解でした。

 4回目の人工受精をしようと思っていたところ、飲み薬だけで卵胞がたくさん育ち、急遽体外受精に向けた採卵をすることに。結果、卵のグレードもいまいちで、受精卵してもうまく育たず、移植までいきませんでした。それまで淡々とした気持ちで治療をしていましたが、一度目の採卵が不調に終わり、結構ダメージを受けました。質の悪い卵しかなかった自分をダメだと思う気持ち、これからも卵の質が悪かったらどうしようという不安、いつまで治療を続けて、お金はどうなるんだろう、周りの友達は治療なんかしなくてもすぐ妊娠できているのに、どうして自分はうまくいかないんだろう…、こういった気持ちに支配されて落ち込みました。ひとしきり落ち込んだ後は、特に前向きにならずとも、なるべく冷静な判断ができるようにフラットな気持ちでいることを心がけました。

 

 今後の体外受精に対してできることは何でもしようと考え、以前から気になっていた[たくみ堂]を受診することにしました。2度目の採卵前に受診できたらと思っていましたが、私の読みが甘く、初めて連絡をしてから初診まではある程度時間が必要だったようで、採卵直後に[たくみ堂]の初診となりました。これから[たくみ堂]を受診しようと検討されている方は、時間に余裕を持って初診の予約を取った方がいいと思います。

 2度目の採卵は誘発剤の種類が体に合ったからなのか?、2つのグレードの良い胚盤胞を凍結することができました。この卵をいい状態で迎えるために、たくみ堂での週1回の治療が始まりました。鍼は小さい頃から慣れていて、自分の体の不調には鍼が効くと実感していたので、たくみ堂で鍼を打ってもらって心地よかったです。自分では体内部のことはよくわかりませんが、鍼を打ってもらった後に先生に「いい状態ですね」と言ってもらえて安心できました。また、体の不調は何でも言って下さいとのことで、かぶれてできた湿疹や、仕事柄よく使う部分の痛みや凝り等も治療していただきました。鍼を打ってもらっている間、治療に関する疑問に答えていただいたり、話を聞いていただけるのもよかったです。これはクリニックにはなかなか求められないことです。

 たくみ堂での治療と、生姜温灸等、できることはなるべくやって11月に初めて移植をし、妊娠することができました。妊娠してからも大きなトラブルはなく、つわりも置き鍼をしていただくと軽くなる感じがして、何とか乗り切ることができました。初めての妊娠でわからないことや不安なことばかりですが、先生やスタッフの方々が親身に話を聞いてくださり、心の支えになっています。逆子になることもよくありましたが、安産灸をするとお腹の子がぐるんと回りやすい感じがします。

 順調な出産に向けて、あとしばらくお世話になりますが、よろしくお願いします。 このレポートをご覧になっている妊活中の皆さんが、笑顔でいられることをお祈りしております。

 
ページトップへ
 


妊娠レポート9 (NO86)
東京都 37歳 鍼灸治療1年4ヶ月間 2012,11月妊娠、 2013,5,14報告
院長先生、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
おかげさまで妊娠8ヶ月を迎えることができました。
私がこの妊娠レポートを書く日が来るなんて思いもよりませんでしたが、
これまで過ごした日々を振り返り、経緯や気持ちの変化などご報告させていただきます。
同じように悩み、治療を続けていらっしゃる方々の少しでもお役に立てれば幸いです。
私の妊娠レポート
≪妊娠までの経緯≫
2011年3~6月 地方のレディースクリニックにて人工授精を3回行うが、いずれも着床せず。
7月 主人の転勤で東京へ。不妊専門クリニックにてステップアップを勧められ、体外受精を決意。
たくみ堂のHPにたどり着き、並行して鍼灸治療を開始。
8月 最初の採卵・・・3個採卵→3個受精
10月 最初の移植・・・グレードのよい1個を戻すも着床せず
11月 2回目の移植・・・前回移植しなかった2個をまとめて移植するが着床せず
2012年2月 2回目の採卵・・・3個採卵→2個受精
5月 3回目の移植・・・2個戻すも着床せず
8月 3回目の採卵・・・3個採卵→2個受精
10月 4回目の移植・・・2個戻し
11月 妊娠陽性判定~現在に至る
初めてレディースクリニックに行ったのは35歳の時でしたが、私も主人も特に問題なしとのことだったので、少し通えばすぐに結果がでるものと思っていました。
人工授精を3回しても結果が出ず、焦り始めていた矢先に転勤が決まり、
病院を変えたところで体外受精へのステップアップを勧められました。
フルタイム勤務を辞めて時間的余裕のあるアルバイトへ変更し、体外受精を決意。
ただ西洋医療の最先端技術を頼りながらも、やはり資本である自分の身体のケアの大切さも日々感じていたので、たくみ堂の考え方にもとても共感し、初めての針治療でしたが並行して通うことにしました。

院長先生にも「大丈夫。きっと妊娠できるから、徐々に整えて行きましょうね。」と言っていただき、すごく心強く思ったのをよく覚えています。
私は卵巣機能が低下していて、採卵しても取れて3個。グレードもそれほどよくもありませんでした。
採卵の周期はよし今度こそ!と淡い期待を抱いてのぞみますが、注射のための連日の通院はストレスにもなりましたし、
採れた卵の数やグレードなどの結果を聞き、厳しい現実に気持ちが滅入ることもしばしば。
それでも気持ちを切り替えて移植を行い、長い長い判定日までの2週間を過ごしますが、
期待半分、あきらめ半分、どう気持ちを保てばいいのか、この期間が一番辛かったような気がします。
何度も結果が出なくてその度に精神的に落ち込みましたが、
そんな時は無理せず数周期、クリニックでの治療はお休みしたりもしました。
たくみ堂には毎週または隔週で通いながら、アドバイスいただいた「しょうが温灸」「黒酢足湯」「ウォーキング」を出来る範囲で実践しました。
後悔のないように今出来ることを少しずつやって行こうと気持ちも前向きに、
あまり治療のことだけに没頭しないように気をつけて過ごすように心がけました。
そして、たくみ堂に通って1年後の昨夏の採卵で今までで一番よいグレードの卵を採ることがきました。
お腹の状態も先生に「いいね!」と言ってもらえることも増えて、
徐々に卵をお迎えする身体の状態も整ってきていたのかもしれません。
今回の移植後は先生にアドバイス頂いた通り、毎日戻した卵に「しっかりお腹につかまっていてね」と話しかけ、朝晩に着床しやすいポーズを実践して、ひたすらいい結果を信じて魔の2週間を過ごし、4回目にして初めて陽性判定を手にすることを出来ました。
妊娠後も無事に継続できるかが心配でずっとお世話になっています。
胎動を初めて感じたのもたくみ堂で鍼をしてもらっている時でした。
おかげ様で高齢妊婦ではありますが、順調に8ヶ月まで過ごすことが出来ています。
最後に、多くの方に支えられて今日の自分があると実感しています。
授かった命を慈しみ、感謝の気持ちを忘れずに、これから出産・育児といった未知の世界を歩んでいきたいと思います。
院長先生、スタッフの皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
 
ページトップへ
 

妊娠レポート9 (NO85)
東京都 42歳 鍼灸治療3ヶ月間 2012,7月妊娠、  2013,3,10報告

たくみ堂、院長先生、奥様、スタッフのみなさま、大変お世話になっております。

レポートが遅くなりましたが、3月1日無事に出産いたしました。報告も兼ねてお送りいたします。

 

私の妊娠レポート
 私は平成23年8月、41歳で幼なじみの主人と再婚しました。
 主人も私も高齢という事で、  友人から紹介された,体外受精で有名なクリニックと鍼灸院に通いました。
 
 昔から冷え症でしたので、  主人が色々調べ、お付き合いして  いる時から冷え取りソックス、
 半身浴、粗食、甘い物は極力食べないなど、体質改善に努力していました。
 クリニックで同年10月に採卵し, 11月に移植、12月に妊娠をしました。
 通い始めてすぐに、妊娠。 主人と喜びあいました。
 ところが、妊娠3ヶ月のとき 大量に出血をしてしまいました。
 出血が2週間続き、赤ちゃんの心拍が 止まってしまい、流産をしてしまったのです。

 年明け、お正月に手術をし, 私はこの一年は ずっと悲しみに苦しむのだろう、、、
誰にも会いたくない、 何で赤ちゃんがいなくなってしまったの?
 二度と妊娠ができない? ましてや、出産もできない?と 悩み苦しみ、泣き続け 私がいけなかったと責め続けていました。

 この悲しい現実から逃げること、 それは食べることでした。 今まで粗食を努力していたのに甘い物や油っこい物など 食べて食べて、気持ちをごまかしていました。
すると、あっという間に8キロも 太ってしまいました。
流産後、子宮の状態を診るため 病院に行きました。 子宮がきれいに戻っていて、 卵巣に卵もありました。 生理も流産手術後、28周期で来ました。
 私の体は元気になろうとしている, 心も元気になりたいと思いました。
そして、ベランダから見える満開の桜を見て、冬は必ず春となる… 絶対に立ち直って、また赤ちゃんを 授かりたいと決意しました。
 泣き続けて、苦しみを叫び続けても、何も言わず、抱きしめてくれた主人に この決意を話しました。
 主人は、赤ちゃんが授かるために、 僕は一生懸命に働くから、0子は、痛くても、つらくても、  耐えてほしい、 ふたりで絶対赤ちゃんが戻るまで、がんばろう!と  言ってくれました。

4月、、、 まずは体質改善、体重を減らしたいと 思いました。
 流産後は、鍼治療お休みしていました。 再開したいと思い、前からホームページを見て、行ってみたいと思っていた、たくみ堂へと思っていましたが、片道一時間以上かかることで、迷っていました。主人は、いいと思ったなら、絶対行ったほうがいいと背中を押してくれ、思い切ってたくみ堂に行きました。
 

初診のとき、女性スタッフの方が、 優しく、今までの経緯を聞いてくれてとても安心して、自分の素直な気持ちを話すことができました。
 院長先生も温かく診察をしてくれました。
 鍼に対して緊張してしまう私でしたが、体を素直に任せるといった感じでしょうか、安心して治療することに 来てよかったと思いました。
 院長先生に、、、「 赤ちゃんはずっとお母さんのことを 見ているよ」と言ってくれたときすごくうれしくて感動して、涙が止まりませんでした。
 赤ちゃんが見ている、、、赤ちゃんがまた戻ってきてくれるように、がんばろうとまた決意できました。
5月、、、
ナチュラル会にも誘っていただき、玄米食、粗食、ソワイショウなど学ばせてもらいました。
 私がおこなったものは、生姜温灸、こんにゃく湿布、玄米食、足湯、ソワイショウ、
そして、ごぼう汁断食をしました。
 週一回、たくみ堂に通いました。すると、少しずつですが、 体重が減ってきました。
人から肌がきれいになったと言われるようになりました。
 
 病院では、5月に採卵し、胚盤胞凍結、6月に移植することができました。
そして、たくみ堂に通いはじめて3ヶ月、妊娠することができました。
 院長先生、スタッフのみなさんが とても喜んでくださいました。
 つわりがひどくても、たくみ堂に 行きました。
それは、つわりが軽くなり、心も軽く、元気になるからです。
院長先生に「何の食べ物が好き?」と 聞かれ、「たこ焼きです」と言うと、 笑って「たこ焼き食べて元気になって!」と励ましてもらいました。
 そして、また妊娠3ヶ月のときに、大量に鮮血の出血。
救急車で運ばれました。病院で赤ちゃんを診ていただき、元気に動いていることはわかりましたが、絶対安静、「この先のことはまだ 週数が少ないのでわからない」と言われました。

その旨を院長先生にメールすると、すぐにお電話をくださり、 おなかの赤ちゃんに「ありがとうー」て話しかけてあげるんだよと温かく励ましてくださいました。
 一ヶ月、自宅で安静し、出血が止まらないため、入院しました。
 入院中も生理2日目ぐらいの出血が、毎日続き、赤ちゃんがいなくなってしまったのかも、、、と何度もベッドで泣きました。
病院の先生、看護師さん、一緒に入院している人達に励ましていただきながら、入院生活を送ることができ、胎盤が完成した頃、出血が止まり、赤ちゃんのまわりを覆っていた出血層もなくなっていました。
そして、退院することができました。3週間の入院、とても長く感じました。
 退院後、すぐにたくみ堂の院長先生に報告しました。「待ってるよ!本当によかったね!おめでとう!」と喜んでくださいました。
 そして、安静期間が終わり、再び、たくみ堂へ行くことができました。
 院長先生に鍼をしてもらっているときなど、とても胎動が感じることができました。
「生命力の強い子だね いい子だね、42歳で本当にがんばったね」、と毎回言ってくださり、
すごくうれしかったです。
 
 その後、順調で何のトラブルも  ありませんでしたが、  双角子宮、逆子ということで、予定帝王切開となり  3月1日、3362gの元気な男の子を出産しました。  赤ちゃんとやっと会えたことに  感動と喜びでいっぱいです。 
 

胎動がよくなり、  よく寝て育てやすくなるお灸を教わりました。
 お腹が大きくなってのお灸は、毎日大変でしたが、お灸を頑張りました。 
 お産した病院は、母子同室の大部屋。毎日すやすや寝てくれて、  泣くときは、授乳とオムツのときだけです。  夜中の夜泣きも全然ありません。
 お見舞いに来てくれた方などが、本当に静かでびっくり、いい子だね…と言ってくださります。
 お灸を毎日続けて、本当によかったです。

たくみ堂の院長先生、奥様、スタッフのみなさん、本当に本当にありがとうございました。 
 たくさんの方々に支えられ、励まされて、ここまでくることが  できました。
感謝の気持ちを忘れず  家族仲良く、がんばっていきます。
 
ページトップへ
 


妊娠レポート9 (NO84)
東京都 35歳 鍼灸治療4年8ヶ月間 2012,6月妊娠、 2013,1,30報告
たくみ堂 院長先生、スタッフ様
いつもお世話になっておりますす。
大変遅くなり申し訳ございません。
妊娠レポートを添付の通りお送りいたします。
拙い内容ではございますが、どなたかの参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
私の妊娠レポート

 

《私の妊娠レポート》

私が結婚したのは比較的早く(主人27歳、私23歳)当初数年は妊娠希望もありませんでした。
私自身が妊娠を考え始めたのは25歳を過ぎたあたりから。
ただ避妊解除後妊娠兆候がないことに主人に治療を提案しても「まだ早いのでは?」と言われると強く反論もできず、仕事・日常に忙殺されるまま5年近くを費やしてしまいました。
今思えばこの期間が長く精神的に停滞し、誰にも相談できず一番辛かった時期だったと思います。


2007.5(29歳)  卵巣のう腫発覚、同年7月手術
2008.1(30歳)~ 術後半年妊娠は止められ、その後不妊治療開始。
タイミング療法行いながら各種検査するが異常ナシ。
      同年8月私の持病(喘息)が一時悪化、男性側検査も滞ったため
男性専門外来のある病院へ転院し検査を行うと共に私は治療お休み期間。
===休止期間に男性側原因判明。クロミッド等で数値良化を待つ===
2008.7(30歳)  たくみ堂初来院
2010.6(32歳)~ AIH開始。
2011年8月までに自然・クロミッド服用等いずれも行いながらAIH7回実施。
2011.12(34歳)~ 転院し体外(顕微)受精。
        採卵は1回3個。いずれも受精し、一つ新鮮胚移植、残りは凍結胚移植。
2012年6月までに3回行い、3回目で妊娠。(1回目は反応なし、2回目に妊娠反応あるも流産)


こうして結果だけを見てみれば、ウチは男性不妊の要因が強かったかなと思います。
けれど私の治療お休み期間中、持病安定化に専念するとは言え進まない不妊治療に焦り「何か出来ることはないか」とたくみ堂初診に訪れた時、
先生にはっきりと「大丈夫、妊娠できますよ」とおっしゃって頂いた事は心強かったのを覚えています。

また不妊治療再開後も喘息発作を起こしたり、12年弱勤めた会社を退職したり、ステップアップを悩んだり…
その折々で先生やスタッフの皆さんのお話を聞けたことは大変励みになりました。
たくみ堂では身体的な部分だけでなく、精神的な部分で大いに助けられたことをとても感謝しています。

一般的に東洋医学は効き目が穏やかなイメージがありますが、私自身は今迄の経験上東洋医学でも効果のあるものは覿面であると思っていました。
そういう意味で鍼灸も効果は覿面でした。

自宅では『生姜温灸』『こんにゃく湿布』『黒酢足湯』『安産灸』を実施。
いずれもやればやっただけの効果が発揮され、生理痛がなくなり、冷えも改善、肩凝り・腰痛の緩和、代謝が良くなった等ありますが、
何より一度喘息発作が起きた状態で診察を受け、鍼灸治療にてその場で発作が治まったことがあり大変驚きました。
3歳の時より喘息で薬を欠かしたことのない私ですが、一度起きた発作が薬も時間も待たず治まったことはあの時だけでした。

全てのことを必ずしも毎日は行えなかったですし、治療院に通うもの隔週なったり、きっちりした患者ではありませんでしたが、
いつの時も先生・スタッフの皆さんが優しく、治療中は寛げる空間でさりげないアドバイスを頂けたことが、私が5年弱もたくみ堂に通い続けた一番の理由だと思います。

私は来週から臨月に入ります。
不妊の不安を誰にも相談できず、一人インターネットで情報を集めていたあの日。
たくみ堂ホームページを発見し、必死に読んだ妊娠レポートを自分が書く日がくると思いませんでした。
今になり不妊治療をしていたことを明かすと、親・友人に「辛かったでしょう」と言われますが、
実際の治療期間中はたくみ堂の皆さんを始め、色んな方に相談支えられそんなに不安だったり辛かった思い出はありません。
もし以前の私のようにネット見るばかりで思い詰めている方がいらしたら、このレポートがその方が一歩を踏み出す一助となれば幸いです。

 

 
ページトップへ
 

妊娠レポート9 (NO83)
東京都 36歳 鍼灸治療3ヶ月間 2012,8月妊娠、  2013,1,28報告

たくみ先生、奥様、スタッフのみなさま 

いつもありがとうございます。治療に加え、細やかなお心遣いをいただき、おかげさまで妊娠8か月を無事に迎えることができました。出産まで2か月となりましたが、これからもよろしくお願いいたします。このレポートが治療中の皆様にとって少しでもお役にたてれば幸いです。

私の妊娠レポート

「私の妊娠レポート」
<たくみ堂に通うまでの治療>

私は26歳で結婚、幸運にも2年後に自然妊娠で第一子を授かりました。そのため、子どもは自然に授かるものという認識で毎日生活していました。しかし、普通に生活して2年ほどたっても授かる気配がなく年齢を重ねるばかり。世間でいう「不妊なのかも・・・」という不安が頭をよぎり、主人と相談し不妊検査を受けることにしました。 

 

<病院(西洋医学)での治療>

2010.42010.9 33歳  大学病院の不妊専門外来を受診。子宮筋腫はあるものの経過観察 で大丈夫。子宮卵管造影、ヒューナーテストは良好。

タイミング法(5回)で様子見る。その後検査で、潜在性高プロラクチン血症と診断。クロミッド(排卵誘発薬)を服用しながら、タイミング法(2回)。

201122011.7 34歳  カバサール(プロラクチン値を下げる)+クロミッドを服用でタイミング法(3回)毎回担当の先生も変わり、一貫して治療が受けられないことに疑問を感じる。

2011.9~ 妊専門クリニック(梅ヶ丘)へ転院再度、子宮卵管造影、ヒューナーテスト、主人の検査も受ける。プロラクチン値も落ち着き、もう一度タイミング法(3回)から始める。

2012.135歳  人工授精にステップアップ(5回)。この間、漢方も合わせて服用(3か月)。            体外受精にステップアップをするか悩む。

2012.5~ たくみ堂通院開始

2012.7  自然妊娠判明 現在妊娠8か月

子どもを授かりたいと思い始めてからたくみ堂に巡り合うまで、すでに4年が経過していました。そんな私がたくみ堂に通院するきっかけは、病院通院に精神的にも、体力的にも疲れ、「体の声を聴かずにただ病院に通い続けるだけで、この先妊娠できるのか」と疑問に思ったことです。

ちょうど人工授精で確率が高いといわれる5回が終わり、体外受精へステップアップするべきか主人とも相談していましたが、主人は乗り気ではありませんでした。人に相談しても自分では納得できる答えはみつかりません。 

そこでしばらく自分なりに考えた結果 「体のためになり、通うにも近く、病院の治療も併用できそうなこと。」を探す内、たくみ堂のHPにたどり着きました。

妊娠レポートにも影響され、藁にもすがる思いでたくみ先生にメールを送り、治療を受けたい旨をお伝えし通院がかないました。最初に今までの経緯を話した際には、先生もスタッフの方も親身に話を聴いてくださいました。

「腰とおなかが固くなっているのが原因でしょう。妊娠はできると思うから、がんばりましょう(笑顔)」この言葉とスタッフのみなさんの温かさに心から励まされたことを、今も鮮明に記憶しています。

それから、

・週1回の通院

・生姜温灸(ほぼ毎日。)

・以前から食べていた玄米入りごはん中心の食生活

・運動(自転車、ウォーキング)をがんばりました。 

そして幸運にも、通院してわずか3か月ほどで妊娠することができました。正直、信じられませんでした。妊娠判明後も、ほぼ毎週お世話になりました。前回の妊娠でも初期からつわりがひどくただ吐くしかできなかったのですが、つわりを良くする鍼をしていただき乗り切れました。また安産灸(15週より)の指導、風邪のひきはじめや腰痛、気分の悪さなど妊娠特有のトラブルをその都度解消していただきながら生活でき、年齢を重ねているにも関わらず妊娠生活が順調に運んでいるように感じます。 

今回、・通院治療。治療中に健康面で疑問に思うことを尋ね、それに親身にアドバイスいただけ安心、実践できたこと。

・普段の生活の話を通してリラックスさせていただき、自然体で治療を受けられたこと。など「精神的」にも安定していたことが、体を整えることに加え更に妊娠につながったように思います。心から感謝申し上げます。 

西洋医学だけの治療時期は、自分が妊娠できるとは全く思いもせず、検査で判断された状態に合わせて薬を服用したり、技術に頼ったりという感じでした。精神的にも、「妊娠できないこと」に集中してしまい、「生活の改善をしよう!赤ちゃんを授かれる体になろう!」と前向きになれなかったように思います。 

今は、授かった命を有り難く「どんな道も自分の最善」と信じて、元気な赤ちゃんを出産したく思います。あと2か月お世話になりますが、よろしくお願いいたします。

 

 


 
ページトップへ
 



妊娠レポート9 (NO82)
東京都 37歳 鍼灸治療24ヶ月間 2012,9月妊娠、  2013,1,27日報告
院長先生、奥様、スタッフの先生方、いつもお世話になっております。
現在、妊娠7か月となりました。妊娠に至れたこと、またそれを継続できていることは
たくみ堂での治療と、教えていただいた様々な健康法のおかげだと思っています。
妊娠レポートは私も繰り返し読ませていただき、励みにしてきました。
今回の報告が妊娠したいと頑張っている方のお役に立てれば幸いです。
私の妊娠レポート
<妊娠までの経緯>
2009年10月 不妊治療外来を受診して、人工授精を開始。
2010年 4月 4回目の人工授精で妊娠 8週で流産
2010年 6月 人工授精を再開。~2011年7月まで毎周期。
2010年10月 たくみ堂に通院開始(週に1回)
2011年 8月 hmgの排卵誘発剤の注射1日おきをして人工授精(10月、12月も同様)
2011年12月 結果が出ないので病院の先生から体外受精を勧められる
2012年 2月 体外受精に向けて卵巣を休めることにして、それまでの間は、薬を使わずに
人工授精を継続(2月~6月まで)
2012年 5月 たくみ堂ナチュラル会に参加
2012年 8月 Kレディースクリニックに転院。体外受精。
2012年 9月 妊娠判定

<一度目の妊娠>
妊娠を意識したら不妊検査を受けようと考えていましたが、実際に病院を受診したのは34歳の
時でした。検査結果に問題はなく、不妊治療を受ければすぐに妊娠できるだろうと安易に考え
ていました。しかし人工授精を数回行っても妊娠できず、ネットなどを見てみたところ成功する人はだいたい7回目までと書いてあり、あまり期待しないようにした矢先に妊娠が判明しました。しかし6週の健診で既に胎芽が小さく育たないだろうと言われ結局流産となりました。

その周期は生理が始まってからずっと、朝晩カイロ(40度くらいの温熱シート)を貼っていましたので妊娠に至ったのはカイロの効果かと思いましたが、たくみ堂に通ってカイロは化学物質だから良くないと聞いたときに、逆に流産の一因になってしまったのかもと後悔しました。

<たくみ堂との出会い>
久しぶりに会った友達に「妊娠したいんだけどなかなか・・・」と話したところ「妊娠したいなら、鍼がいいよ!」と強く勧められました。その友人は2人目が出来なかったときに鍼治療
を始めたら1か月で出来たとのこと。そこでネットで探してたくみ堂に通うことにしました。
たくみ堂の治療では毎回、院長先生やスタッフの先生方から優しいお言葉をかけていただき、
冷たくて固かったお腹がどんどん柔らかく弾力を持つように変わっていくのが自分でもわかりました。たくみ堂で教わった健康法の中では「生姜温灸(毎晩)」「玄米ご飯(半分は白米+雑穀でしたが)」「冷たい物は飲食しない」「こんにゃく温湿布」「ソワイショウ」「足湯黒酢」を実践していました。

<計26回の人工授精>
通常はこんな回数、人工授精を続けることはないと思いますが、私はいくつかの思いがあって
ステップアップに踏み込めずにいました。まず、一度は妊娠できたので数撃てばいつか当たる
のではないかという期待。不妊原因が特定できないのに薬を使ったりステップアップすることに対する抵抗感。体外受精にステップアップするには転院する必要があったこと。
(最初の病院は体外受精の設備がなかった)そして、たくみ堂に通い始めたので体質改善の効果が出るのではという思いです。人工授精を続けている間は色々しているのだからいつか結果が出るだろうと受け身になっていたことでストレスはあまりありませんでした。

<体外受精へのステップアップ>
結局、注射をしながらの人工授精でも結果は出ず、身体を休めた後に体外受精をすることにし
ました。体外受精は金銭的に何度も繰り返し行うことは難しいので、結果が出なければどんど
ん年齢を重ねてしまうという不安と、不妊原因について何かわかるかもしれないという期待と不安が入り混じった思いがありました。体外受精の病院を選ぶ時にはたくみ堂スタッフの先生からアドバイスをいただきました。せっかく高いお金を出してやるのだから有名な病院へ行こうと思い候補を考えていましたが、その中でもそれぞれ病院の方針・やり方があり、選ぶ時のポイントなどを教えていただきました。結果、私は奇跡的に一回目の体外受精で妊娠することができました。たくみ堂に通って整えてきた身体と、ナチュラル会で教えていただいた体操・ポーズのおかげだと思っています。着床ポーズは日中に寝室の窓を開けて気持ちのいい風を感じながら行い、とてもリラックスできていたと思います。

<妊娠判定~これまで>
妊娠判定が出てからも、また流産になってしまうのではないかと不安な気持ちを抱えており、たくみ堂では治療をしてもらうと同時に、いい状態ですよと言われるとホッとしていました。
先生に言われたとおり、無理をしないで安静に過ごすよう心がけ、平日は仕事に行っていまし
たが、休日はあまり出かけずにゆっくりのんびりとしていました。悪阻はほとんどありませんでしたが、少しムカムカした時には悪阻止めの鍼治療をしていただき、すぐにすっきりしました。安定期になり、安産灸を教えていただいた時はやっとここまで来れたという思いでした。

<最後に>
本当に多くの人に支えられて今があると実感しています。この感謝の気持ちを忘れずに子育て
をしていきたいと思います。妊娠したいと思ってから、随分時間が過ぎてしまいましたが私にとってはベストタイミングだったのかもしれません。出産までの間、まだお世話になりますがどうぞよろしくお願いいたします。
 
ページトップへ
 



妊娠レポート9 (NO81)
埼玉県 34歳 鍼灸治療4ヶ月間 2012,9月妊娠、  2013,1,21報告
院長先生、奥様、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
たくみ堂に入ると、何故かいつも静かな気持ちになり眠くなってます。帰りは体が軽くなって気持ちも弾んで帰れるので私にとってはパワースポット??です。
おかげさまで現在妊娠6ヶ月、間もなく7ヶ月になります。
私もこちらのレポートを拝見して、たくみ堂に通うきっかけになりましたので、少しでもこれからの方の参考になれれば嬉しいです。
私の妊娠レポート

《妊娠レポート》

2007.11.結婚 夫33.私29.
2008.8 市の子宮癌検診に行ったレディースクリニックで
     不妊相談しAIH2回(AIH後お腹がパンパンに張って痛くて、挫折)
     その後基礎体温崩れる
2009.3近くの鍼灸治療通う
    4ヶ月通い体温整う
2009.6 卵管造影検査というものをしてないと知って、市内で有名な
     レディースクリニックに通う。
     卵管結果:右 狭窄あり、ほぼ閉じてる
           左  狭窄あり、細いけど可能性あり
     AIH2回やるも、どちらも右からの排卵でダメ
     3回目も右排卵で効果なく挫折。
2012.6 年齢を考え、体外受精を考えて 新宿有名クリニックに通う 血液検査.ホルモン検査.精液検査OK
     一回目の完全自然周期で採卵2つ卵GET→しかし空砲2つ 右排卵
    ★たくみ堂を知って通い始める★週1で通い始める
    右排卵が多い事を話して、治療してもらう。
2012.6.クロミフェン10日分飲んで卵育てて二度目の採卵。左から1個卵GET→空砲
    次はソフィアAを12日分飲んで
    一度卵巣を休ませて、再びTRYするカウフマン周期治療する。
2012.8.カウフマン周期にて育ってきた卵を成熟卵にさせる為フェリスチム皮下注射を2回する
   8月末、3度目の採卵 3つ卵GET→成熟卵1個。未成熟卵1個。空砲1個。左排卵
   成熟卵のみ主人の凍結精子と受精し、分割してくれた。
   受精確認の翌日ようやく体外受精できた。
   カウフマンでも、受精卵は1個。残ってる卵は無く、ダメでもまた1からのんびり
   やろう。たくみ堂に通いながら挑戦すれば、穏やかに頑張れる気がしてました。
   薬の副作用で頭痛がひどい時も
   治療してもらうと楽になりました。気持ちも。
2012.9 妊娠判定日 陽性。
     判定日前日辺りにたくみ堂で、体温が下がったからダメかも。。と
     話ましたが、脈は高温期のままだから、落ち着いて行ってきて。と
     言っていただき。でもね~まさか・・・と思いながらクリニックに主人
     と行き。長く長く待った後呼ばれて二人で結果を聞いて
     え??あー。。。はい。。そ、そうですか?!
     と、信じられなくてぼんやりした言葉しか言えず。
     二人でしばらく黙々と歩いて帰りました。
その後、薬の影響もあって、かなり卵巣が腫れてましたが院長に話して
治療して頂き治まりました。不安でしたが、院長が、大丈夫。治まってくる
から。と、言うので落ち着いて信じました。
すぐにつわりも始まり
体調も気分も闇をさまようような毎日で
妊娠を喜ぶ間もありませんでしたが、
つわり中も片道約1時間のたくみ堂へ祈るように頑張って通いました。
治療の帰りは元気になれて食事もおいしく摂れたからです。
あとは、なにより、妊娠を継続できるように
たくみ堂の力を頼りにしてました。
私は、妊娠ができなくても、その時はその時で
しょうがないかな。そんな風に思いながら過ごしていましたが、
震災後、気持ちが変わりました。
私共夫婦は仙台が故郷です。
沢山の方が亡くなりました。
私の後輩のお姉さんは妊娠中で
大きなお腹で津波で亡くなりました。
失われた命のぶん
命を育てていかないといけない気がしました。
できる事はなんでもやってみよう。
後悔しないように
気が済むまでじっくりやってみよう
と思いました
たくみ堂に通い始めて4ヶ月で妊娠しましたが
左卵巣の治療をしてもらったからこそ
できたのかと思ってます。
クリニックでの治療は長い程痛く苦しいと思います。
でも、できるだけ穏やかに治療生活した方が良いと
思います。
たくみ堂のスッタフの皆さんを見て
素敵なお仕事だな~。と
尊敬してます。
里帰り出産で帰省するまで
もう少しお世話になりますが、よろしくお願いします!


 
ページトップへ
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針