不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!



妊娠レポート13 (NO126)
東京都29歳 鍼灸治療7ヶ月2016,10月妊娠、 2017、6,5報告
院長先生、奥様、スタッフの皆様、ご無沙汰しております。
遅くなりましたが妊娠レポートをお送りします。
 
私の妊娠レポート
 
【妊娠レポート】
皆さまのお蔭で大きなトラブルもなく妊婦生活を送ることができております。
この場をお借りして御礼申し上げます。

○たくみ堂に通うようになったきっかけ
 
子供がほしいと思ってから約1年妊娠できず、産婦人科へ通い始めましたが対症療法の西洋医学だけでなく、前向きに体を整えられないかと鍼治療を考え始めました。
薬を飲むことへの不安があり、卵管造影検査や通水検査が痛くて治療が辛く、病院の他に自分にできることは無いかと思い、たくみ堂に通い始めました
 もともとやせ型・冷え性・虚弱体質でしたが不調も整ってきて、鍼はとても私の体に合っていたように思います。

○妊娠できるまで
2014年秋(28歳) 子供がほしいと思いはじめる。
2015年 8月   約1年自然妊娠できなかった為、近所の産婦人科へ行き血液検  
           査をした結果、プロラクチンが高いと診断
           当帰芍薬散・カバサール・クロミッドを飲みながらタイミング法開始
           途中、子宮内膜を厚くする注射も受ける。     
      
            

2016年 1月   卵管造影検査で左の卵管が狭いと分かる。
      2月、3月、
2回通水検査を行う。
      3月   たくみ堂に通い始める。(週1回)お腹が少し硬いとの診断でした
      6月   2回人工授精を行う。
      8月~10月 院長先生に3回目の人工授精がダメだったら体外受精をしよ
           うかと思っていることを相談したところ「だんだん整ってきたのだか

           ら、あなたは自然妊娠できますよ」と言われた言葉を信じ、産婦         

          人科での治療をお休みし、薬の服用もやめる
      10月
 妊娠が分かる。(自然妊娠)


○妊娠するまでにやったこと
 ・ほぼ毎日、しょうが温灸をやった。(これが一番効いたと思います。)
 ・週1回のヨガと、2駅分歩くようにした。
 ・筋肉量を増やす為、腹筋・スクワット・階段を使うなど。
 ・できる日はなわとび300回(たくみ堂HPに載っていました。)

 ・睡眠の質を上げる為、寝室に携帯電話を持ち込まないようにした。
 ・女性ホルモンをつかさどる視床視野が目の奥の近くにあると読んだことがあり、会  
  社のデスクワークではブルーライトカットの眼鏡をかけた。
  (目の疲れが減ったような気がします)
 ・カフェイン飲料を控え、会社では黒豆茶を、家ではルイボスティーを飲んだ。(ホッ
  トで。)
 ・玄米食・「まごわやさしい」の食事を増やした。(めだかの授業で教えていただきま
  した。)・黒酢を飲んだ。
 ・主人とこんにゃく温湿布をした。(肩首こりがひどく、鍼だけでは追いつかないと思
  った時にやった後は、寝つきがとてもよかったです。)

○振り返ってみて
妊娠を希望してから、何が原因で妊娠できないのか常に焦る日々で20代で不妊に悩んでいることを周りに相談できず、結果が出ずに時間が過ぎていくことに不安を感じていました。
初めてたくみ堂に行った時、院長先生に「子宮は赤ちゃんのベッドになるから、ふかふかに整えてあげようね」と言っていただき妊娠だけをゴールとせず、赤ちゃんが来て心地よく過ごせるように考えることができるようになりました。

子宮の様子は目に見えないので、院長先生に「良くなっている」と言っていただけると、本当に安心できました。
院長先生を信じ、思いきって病院の治療をお休みしてよかったです。スタッフの皆さんも、落ち込んだ時にいつも優しく励まして下さいました。

妊娠中も元気に過ごせているのは、たくみ堂で体を整え、妊娠の為の力を蓄えられたお蔭です。

 本当にありがとうございました。




ページトップへ
 


妊娠レポート13 (NO125)
神奈川県39歳 鍼灸治療1年8ヶ月2016,7月妊娠、 2017、5,28報告
院長先生、奥様、スタッフの皆様、ご無沙汰しております。
遅くなりましたが妊娠レポートをお送りします。
 
私の妊娠レポート
 
【妊娠レポート】
4月に無事3114グラムの元気な女の子を出産しましたのでご報告いたします。大きなトラブルもなくこの日を迎えられたのは、出産直前まで手厚くケアしていただいたお陰です。
 
 
★これまでの経緯
•2014年1月 37歳で結婚。
•2014年8月 大森某大学病院にて不妊治療開始。
タイミング4回、人工授精4回、体外受精1回
•2014年11月 たくみ堂に通院開始。
•2015年11月 新橋某クリニックへ転院。
顕微受精2回
•2016年3月 日本橋某クリニックへ転院。
顕微受精1回
•2016年7月 妊娠。
•2017年4月 出産。
 
★たくみ堂に通い始めたきっかけ
十数年間不妊治療を行っていた姉が、なかなか妊娠できなかった時、たくみ堂と出会い1年後妊娠したことがきっかけです。
姉はたくみ堂のお陰で妊娠できたと確信しておりました。
そんな姉を間近でみて、私もたくみ堂にお世話になろうと迷わず門をたたきました。
 
★たくみ堂に通い始めて
院長先生はじめスタッフの皆様がとても親身になってくださいました。
院長先生はいつも、必ず妊娠できるとおっしゃってくれ心強かったです。
毎週通うのが楽しみで、治療だけでなく心のケアもしていただいたと思います。
 
★たくみ堂に通いはじめてから取り組んだこと
 
生姜温灸、こんにゃく温シップ、腸内環境を整える(プロテサンを飲む)、湯舟に毎日浸かる、ジョギング、黒酢を飲む、ギャバを飲む
 
オススメいただいたことはすべてトライしました。徐々に身体の内側から状態が良くなっていったことを実感しました。便秘や冷え性が解消し、何年も悩んできた生理痛まで軽減しました。薬を飲まなくても生理痛を乗り越えれるようになったのもたくみ堂のお陰だと思います。
 
★最後に
妊娠38週までの2年間たくみ堂に通ったお陰で妊娠できただけでなく、自分の身体とはじめて向き合い改善することもできました。不妊治療がうまくいかず心が折れそうになる度に精神面から助けていただき何度となく気持ちが救われました。
本当にありがとうございました。
 
妊娠を望むすべての人が子宝に恵まれますようお祈りいたします。


ページトップへ
 



妊娠レポート13 (NO124)
東京都 36歳 鍼灸治療1年5ヶ月間 2015,11月妊娠、 2017、2,9報告

院長先生、奥様、スタッフの皆様

ご無沙汰しております。

ご報告が大変遅くなってしまいましたが、20168月に3628グラムの元気な男の子を出産しました。息子はすくすくと成長し、もうすぐ生後6か月となります。

簡単ではありますが、私の妊娠・出産レポートを送ります。 

私の妊娠レポート
 

〈これまでの経過〉

20135月 33歳で結婚

20144月 約1年間妊娠に至らなかったため、不妊治療を開始。タイミング療法。

20147月 人工授精にステップアップ

11月(35歳) 5回目の人工授精で陽性判定

20151月 心拍も確認でき、クリニックを卒業

その後、出産予定の病院で妊婦健診を受けたところ、9週で稽留流産と診断される。


 

〈たくみ堂に通い始めたきっかけ〉

流産手術後でまだ不妊治療を再開できず、次の妊娠に向けて何かできることはないかと考えていた時に、姉から鍼治療を勧められました。藁をもすがる思いで不妊専門の鍼治療を行っている治療院を検索し、たくみ堂に出会いました。ホームページに載っていた多くの妊娠・出産レポートを読んで、ぜひ私もたくみ堂で治療を受けたいと思い、すぐに連絡をして、20152月から通院を開始しました。

 

〈たくみ堂に通い始めてから〉

初めての鍼治療ということで最初は少し緊張しましたが、全く痛みはなく、また院長先生もスタッフの方々もとても穏やかで優しく、安心して治療を受けることができました。

院長先生に「大丈夫、絶対に妊娠できるよ」と言っていただいたことがとても心強く、ここで治療を続けていけば必ず妊娠できるはず!と前向きな気持ちになれました。帰り道、身体とともに心も温かくなり、この日から週に1回の通院がとても楽しみになりました。


 

その後20154月から治療を再開しましたが、5回の人工授精でも妊娠せず、体外受精にステップアップすることを決めました。

9月 採卵(16個)

体外受精8個、顕微授精8個を行い、胚盤胞7個(体外2個、顕微5個)を凍結

10月 移植1回目→陰性

11月 移植2回目→陽性

 

前回の流産のこともあり、とくに妊娠初期は不安に思うこともありましたが、毎週欠かさずたくみ堂に通い、「いいね、順調だね」と院長先生に言っていただくことでとても安心でき、乗り切ることができました。

20162月に少量の出血があり、切迫流産と診断されましたが(1週間仕事を休んで安静にしていたところ、すぐにおさまりました)、その後の妊娠経過はとても順調でした。

毎週たくみ堂に通い、毎日安産灸を行っていたおかげか、妊娠中のトラブルもほとんどなく、予定日を1週間過ぎた日に、無事長男を出産しました。


 

わたしがたくみ堂に通い始めてからおこなっていたことは、週に1回たくみ堂へ通うこと(妊娠37週まで通いました)と、毎日の生姜温灸(安定期に入ってからは安産灸)のみでした。あとは諦めず、しかしあまり思いつめすぎずに、不妊治療に取り組むことが大事ではないかと思っています。

治療が思うようにいかず悲しい時も、ちょっとした体の変化で不安に思う時も、いつでも笑顔であたたかく受け入れてくださり、また悩み事を相談できる場所としても、たくみ堂は私にとってはなくてはならない場所でした。

 

長い間お世話になりました。どうもありがとうございました。

 

ページトップへ
 

妊娠レポート13 (NO123)
東京都41歳 鍼灸治療1年2ヶ月(第一子)、4か月(第二子)2016,1月妊娠、 2016、12,24報告
院長先生、奥様、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。
お蔭様で9月に無事第二子を出産することが出来ましたので、妊娠レポートを送らせていただきます。 
2回めの妊娠レポートが書くことが出来ることを心より感謝いたします。
本当にたくみ堂の皆さんのおかげです!
 
私の妊娠レポート
 
【妊娠レポート】
一人めは妊娠レポート10 (NO 97)に書かせていただきました。
 
一人目出産時39歳、二人目出産時41歳で、二人とも新宿の有名な不妊治療クリニックの体外受精で妊娠しました。
 
一人目も、二人目も同じ採卵時の卵で、38歳のものです。
 
二人目は、不妊治療を再開し、1度目移植で無事妊娠、出産に至りました。
 
新宿の病院は、とにかく卵の質次第という治療方針の病院でしたので、たくみ堂さんの治療と相性が良かったように思います。(たくみ堂さんで身体を整え、卵の質を向上させ、新宿で採卵、移植)
 
2015/10 第二子に向けてたくみ堂治療再開
2015/11 断乳後3回目、生理再開7回目
新宿の病院へ通院再開
2015/12 1回目移植NG
(黄体ホルモンが足りず、移植NG)
2015/12 1回目移植
(黄体ホルモン補充の膣座薬と女性ホルモン補充の飲みクスリを移植時まで使用)
(5回目移植、38歳の5回め採卵時の卵(第一子もこの採卵時の卵で出産))
2016/1 (40歳)妊娠
(9週まで膣座薬と飲み薬を使用)
2016/9(41歳)出産
 
<行ったこと・気をつけたこと>
たくみ堂への通院
(週1+移植日翌日や判定日までこまめに通院。全て院長先生に治療いただきました)
生姜灸
舌苔とり
腹巻
冷え取り五本指靴下
モコモコ室内着
湯船につかる
22時~26時の間に1時間でも長く寝る
移植前は20日程禁酒
 
<感想>
41歳という高齢で、すぐにまた妊娠出来たのは、たくみ堂さんと断酒のおかげだと思います。
 
NO97でも書きましたが、結局、採卵と移植時両方お酒を飲まず、たくみ堂に通った回は、どちらも妊娠、出産出来ました。
 
院長先生の、「ちょっと早く妊娠したと思ってお酒をやめてはどうか」のアドバイスと鍼治療は私の人生にこの上ない幸せを授けてくださいました。
 
ほんと、たくみ堂様様です!
 
ありがとうございました!
 
最後に、不妊治療中の方で、鍼治療を検討されている方へ、私はたくみ堂の治療はかなり効果がありました。
(そして、断酒とゴールデンタイムの睡眠も。。西洋医学では、お酒と不妊は関係ないと言われましたし、鍼治療はこちらからは薦めているわけじゃないので自己判断でと言われましたが、結果、西洋医学だけでは4年近く子供は授からず、鍼治療をしだして1年ちょっとの治療でアラフォーで2人授かることが出来ました。)

ページトップへ
 


妊娠レポート13 (NO122)
東京都 36歳 鍼灸治療1ヶ月間 2016,2月妊娠、 2016、12,12報告

院長先生、奥様、スタッフの皆様

私の妊娠レポート
 
今年初めから、妊娠37週の10月半ばまでお世話になりました〇〇です。
 
ご報告が遅くなってしまいましたが、予定日翌日の10月28日に無事出産いたしましたので、ご連絡いたします。
3244gの元気な男の子でした。
 
予定日当日は午前中に検診があり、もう少し先かな?と言われたのですが、夜に陣痛が来て、日付変わって1時過ぎの出産となりました。
陣痛の始まりは痛みが弱く不規則で半信半疑でしたが、進みがとても急で、陣痛から4時間のスピード出産でした。
 
1か月検診では周りの子よりひと回り大きく、成長具合には太鼓判をいただきました。
頻繁に激しく泣く、何をしても泣き止まないというようなことも今のところなく、穏やかな子のように感じています。
 
自分の年齢や、これまでの不摂生な生活から、妊娠は難しいのではないかと思っていましたが、たくみ堂に通い始めてから1か月ほどで妊娠が判明、正期産目前での切迫早産こそありましたが、心配していたよりずっと順調な妊娠生活でした。
 
たくみ堂に通う中で、自分が自分自身の体の調子に対していかに鈍感だったかを感じました。
施術や教えていただいた温灸や安産灸を通して、以前よりは体の声に耳を傾けられるようになったように思います。
施術の後はいつも体がすっきりと軽く、また頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
とても貴重な出会いだったと思います。
本当にありがとうございました。
 
子育てはまだ始まったばかりですが、親子としての生活を大切に、楽しんでいけたらと思っています。
改めて、院長先生、奥さま、スタッフの皆さまに心からお礼申し上げます。


ページトップへ
 

妊娠レポート13 (NO121)
東京都 47歳 鍼灸治療3年6ヶ月間 2015,4月妊娠、 2016、10,9報告

院長先生、奥様、スタッフの皆様

大変ご無沙汰しております。

おかげさまで、201512月に生まれた息子は元気に成長しております。

長かったこの出産までのことをまとめるためには、やはり、3度の死産について触れない訳にはいかず、これを読まれる不妊治療中の方々にとって重い内容となってしまった部分もあるかもしれませんが、少しでも参考にしていただけけるところがあれば光栄です。

私の妊娠レポート
 

私の妊娠レポート

 

私がたくみ堂と出会ってから3年6ヶ月の間に、院長先生、スタッフの皆様には、5度の奇跡をもたらしていただきました。その奇跡について順を追って紹介することで、私の妊娠レポートとさせていただきます。

 

  たくみ堂通院前の経緯

2010年1月(41歳) 不妊治療専門クリニックにて不妊治療開始

2010年中に2回の人工授精 いずれも陰性

2011年7月(42歳) 顕微授精から胚移植 陰性

2011年8月(42歳) 都内大学病院に転院

2011年中に1回の人工授精 陰性

201111月(43歳) 顕微授精から凍結(凍結数5個)

201112月(43歳) 胚移植 4週で化学流産

2012年3月(43歳) 胚移植 陰性

2012年4月(43歳) 顕微授精から凍結(凍結数2個)

2012年5月(43歳) たくみ堂初診

  たくみ堂通院後の経緯

2012年7月(43歳) 顕微授精から凍結(凍結数7個)

2012年9月(43歳) 胚移植 陽性

201211月(44歳) 13週にて出産(死産)

2013年4月(44歳) 胚移植 陽性

201310月(45歳) 30週にて出産(死産)

2014年4月(45歳) 胚移植 陽性

2014年9月(45歳) 31週にて出産(死産)

2015年4月(46歳) 胚移植 陽性

201512月(47歳) 37週にて出産 現在生後10ヶ月

 


 

1    驚きの採卵数

 

たくみ堂に通い始めたのは、それまでの治療がうまくいかず、何か新しいことを始めたいと思ったことがきっかけでした。

子供の頃からずっと健康には自信があり、冷え性になったこともなく、また肩こりなどの痛みに悩むこともありませんでした。ですから、鍼治療やお灸とは無縁の生活をしていました。

しかし、たくみ堂に通い始めてからすぐに、強い肩こりの症状が現れました。納得できずに院長先生にお話したところ、今まで気が付かなかった痛みが出てきただけですぐに消えるよ、とおっしゃいました。その通り、数日後には、肩こりの症状はなくなりました。この一件により、たくみ堂を頼ってお任せしよう、という私の気持ちは強くなりました。

週に1回の治療と毎日の生姜温灸に取り組み、通い始めてから2ヶ月後に採卵したところ、採卵数は11個、そして7個の良好な卵を凍結することができました。この結果には、大学病院の先生も驚いておられました。

 


 

 

2 妊娠、そして初めての出産、別れ

 

採卵では良い結果が出たものの内膜の厚みが十分ではないとのことで1周期見送った後の2012年9月(43歳)に胚移植したところ、めでたく妊娠。採卵から胚移植までの2ヶ月間は、週に一回の治療と教えていただいた生姜温灸、移植後の着床のポーズをしていたぐらいで、他に特別な事はしていませんでした。

妊娠後も変わらずたくみ堂通いは続けていましたが、13週の妊婦健診時に突然、胎児のむくみがひどく心拍が弱っていることを告げられ、その後心拍はすぐに停止してしまいました。

動揺しながらこのことを電話で報告した際、スタッフの方が大変温かく、かつ強く励ましてくださったことを、今でもはっきり思い出します。

出産後の検査の結果、我が子は18トリソミーであったことが分かっています。

 

 


 

 

3 再び妊娠、出産、別れ

 

第一子出産の3ヶ月後にたくみ堂通いを再開しました。そして2ヶ月後の2013年4月(44歳)に胚移植し妊娠。前回のこともあり、仕事も完全にやめて万全の体制で妊娠に向き合うことにしました。妊娠8週から15週の間は自宅安静の時期とのことで治療を休みましたが、15週以降は月に3〜4回の治療に通い、16週からは、ほぼ毎日、自宅での安産灸を続けていました。そして順調に30週まで成長しました。

あの日の昼には、これまでに無いくらいの激しい胎動がありました。珍しいなと思いつつ寝入ってしまい、夕方散歩に出かけました。なんとなくお腹が硬く重いような気がして不安でしたが、数日前の健診時の腹部エコーでは元気な様子が見られたし、体の異常も見られなかったので、不安な気持ちをあえて封印しようとしていました。しかし、あれだけ激しかった胎動が、夜になっても全然感じられません。ちょっと休んでいるだけ、、、と自分に言い聞かせましたが不安でたまらず、一睡も出来ずに夜が明けました。

そして朝一で診察に行きましたが、すでに子供の心拍は停止していました。

病院の先生には、なぜもっと早く来なかったんだ、と叱責されました。

悪夢としか思えない現実でした。

出産後に染色体検査をしましたが異常はみられず、先生からも「こんなことは私の経験でも2〜3度。事故としか言いようがない。」とのお話がありました。

 

 


 

 

4 再びの妊娠、羊水検査、覚悟の妊娠継続、そして別れ

 

第二子出産後の2ヶ月後、また、たくみ堂通いを始めました。そして、2ヶ月後の2014年4月(45歳)に妊娠。第二子と全く同じ経緯に驚きました。しかし、妊娠10週の妊婦健診で、胎児のむくみを指摘されました。これは、染色体異常がある場合によく見られる症状です。これまでは出生前診断には興味がなかったのですが、今回、このような診断結果を受けたことで、現実をしっかり受け止めるために羊水検査を受けることにしました。その結果、第一子と同じ、18トリソミーであることが分かりました。

もともと、どういう結果であっても妊娠継続をすることは決めていたので、それほど動揺はせず、前を向いてこれからのことを考えていました。第一子がきっかけで18トリソミーについてはいろいろ調べていましたし、18トリソミーの会にも参加していました。生きて生まれることが難しいと言われる中でも元気に生活している子供が多くいること(大変少ないそうですが、大人の方もいらっしゃるそうです)が救いでした。命は短いかもしれないけれど、どうかお腹の中で気持ち良く過ごして欲しい、そして産声をあげて出てきて欲しい、そんな思いでした。

院長先生は私の思いを理解して下さり、毎回、お腹の子供が気持ち良く過ごせるような、温かい、気持ちのこもった施術をして下さいました。

第二子のこともあり、31週で入院することになりました。

しかし、その入院の4日後に心拍が弱くなり、そのまま停止してしまいました。

 

 


 

 

5 初めての産声

 

第三子出産後の2ヶ月後にたくみ堂通い再開、そしてやはり2ヶ月後の2015年4月(46歳)に妊娠。

これまでのことを受けて、今回は新型出生前診断を受けました。むくみも無いし恐らく異常は無いでしょうとは言われていましたが、やはり事実を知っておきたいという思いが強かったためです。検査結果は異常なしでした。

今回は、これまで以上に週一の治療と毎日の生姜温灸、16週からの安産灸に真面目に取り組みました。逆に言えば、相変わらずこれ以外は特別なことは何もしませんでした。冷え対策として常に靴下と腹巻き(腹帯)を着用していたくらいです。

妊娠経過は順調でした。しかし、胎動を感じられるようになってからは、常に不安で仕方ありませんでした。第二子の時のようなことがないようにと、特に不安に感じた時は夜中でも躊躇せず救急外来にかかっていました。

人と会うのも避けていた妊娠生活の中で、たくみ堂は唯一私が癒される場所でした。週一回の治療の効果はもちろん、院長先生やスタッフの方々とのおしゃべりが、緊張と不安でガチガチになっていた心を癒して下さいました。

たくみ堂へは33週まで通いました。

37週で予定通りの計画分娩(帝王切開)で第四子を出産しました。

とても元気な産声でした。

 


 

長い不妊治療の間、治療が辛い、やめたいと思ったことは一度もありませんでした。周りの方々のおかげです。ありがたいことだと思います。

治療中には、たくみ堂院長、スタッフの方々、大学病院の先生方、看護師の方々、等々、多くの出会いがありました。

治療を始めて間もない頃に、私のいい加減な態度から大学病院の方を怒らせてしまうことがありました。反省し、縁を大切にし、一つ一つの出会いに対して、感謝の念をもって丁寧に接することを心掛けてきたつもりです。以来、ほとんどの方が好意的に接して下さるような気がしています。

その出会いの中でも、たくみ堂の皆様との出会いは貴重な出会いでした。まさに、奇跡をもたらしてくださった出会いです。

 

改めて、心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 


 

 

ページトップへ
 





 
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針